全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

改元日の婚姻届歓迎 茅野市が特設窓口設置

5月1日の特設窓口に設置される記念撮影用のウエディングボード

 茅野市は1日、皇太子さまが新天皇に即位し平成が新たな元号に代わる5月1日、市役所1階に婚姻届を受領する特設窓口を設けると発表した。新調したウエディングボードで2人の記念撮影も行い、写真を添付した「結婚記念証」を即日交付する考えだ。

 婚姻届は届け出た日に効力が生じる。改元前後の10連休(4月27日~5月6日)のうち、改元日の5月1日は大安でもあるため、婚姻届の提出が集中する可能性がある。茅野市にも婚姻届を提出したいという問い合わせが2件寄せられているという。

 一方、5月1日は新天皇即位に伴う祝日のため、市役所は閉庁日となる。通常だと、婚姻届は市役所1階北側の時間外受付窓口(宿直室)で受け付けるが、市は1階フロアに特設窓口を設けて、戸籍業務に精通した市民課職員を配置。ウエディングボードも設置し、シティプロモーションを担う地域戦略課職員が写真撮影や記念証作成に当たる。

 市市民課によると、2017年度に受領した婚姻届は570件。昨年8月には移住促進の一環で、オリジナルデザインの婚姻届と婚姻届記念写真撮影、結婚記念証のプレゼントを始めた。賞状タイプの「婚姻届受理証明書」(1400円)もある。2月28日までに婚姻届を提出した149件のうち、98件(65・7%)が記念写真撮影のサービスを利用したという。

 新しいウエディングボードは、市のブランドフレーズ「まんなかに愛(I)のあるまち CHINO」をデザインしたもので、2人で赤いハート型のパネルを持って撮影すると、中央に“愛”のあるロゴマークが完成する。

 市民課の岩島善俊課長は「専門の職員が親切、丁寧、愛情を持って対応させていただくことで、市民サービスにつながれば」と抱負を語った。スムーズな受け付けにつなげるため、事前に相談してほしいと呼び掛けている。問い合わせは、市民課(電話0266・72・2101)へ。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク