全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「元気ない」が特別賞 「十勝川」の復興ポスター 音更

 全国の温泉地をインターネットなどを使った人気投票で順位付けし、PRと活性化を図る「温泉総選挙2018」(旅して日本プロジェクト主催)で、音更町十勝川温泉観光協会(林文昭会長)と十勝川温泉旅館組合(作田英実組合長)が作成したポスターが審査員特別賞を受賞した。昨年9月の胆振東部地震で宿泊キャンセルが相次いだ窮状をユニークなキャッチコピーで表現し、イメージアップと集客に結び付けた取り組みが評価された。

ユニークな取り組みとして評価されたポスター

 十勝川温泉では、同地震の影響で約1万泊の宿泊キャンセルが生じた。道内で観光復興に向けたキャンペーン「元気です北海道」が展開される中、ポスターでは「元気ないです十勝川温泉」という逆説的なコピーを考案した。

 従業員が空いた時間を利用して「仕込み時間なのに、新メニューどんどん考え中」「お部屋空いているんで、英語の勉強始めました」「見回りついでに、入浴しちゃいました」という三つのシーンを写真で表現した。

 自虐的なポスターが話題を集め、道内外のマスコミが取材した他、ツイッターやインスタグラム(無料写真共有アプリケーション)などのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で拡散した。

 審査員特別賞は、「うる肌」「絶景」など9部門の賞で表彰できない、顕著やユニークな取り組みを表彰するもので、今回は全国から8カ所が選ばれた。

 同温泉協会の窪浩政事務局次長は「ポスター効果で風評被害を払拭(ふっしょく)することができ、観光客の呼び戻しに結び付いた。春以降もこの流れを大切にしながら、温泉地域の活性化につなげたい」と話している。

 なお、同選挙では、リフレッシュ部門で上士幌町のぬかびら源泉郷が1位となった。表彰式は8日、東京都内で開かれる。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク