全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

大学生ボランティアと県警が意見交換

活動報告する大学生ボランティア(県警本部で)

 少年の健全育成や立ち直り支援活動に取り組む大学生ボランティアと警察との意見交換会が27日、山口市の県警本部で開かれた。少年相談員委嘱を受ける学生を中心に県内5校の10人が、学習支援や子どもたちとの交流などの活動状況を発表した。  山口大、山口東京理科大、梅光学院大、山口短大、岩国短大の5校から少年相談員8人と学生防犯ボランティア(VOYS)2人が参加。会議の冒頭、県警の末永徹哉少年課長が、スマートフォンを介した犯罪の増加など少年非行と犯罪の変遷に触れ、「少年たちと年齢が近く、心理がよく分かる皆さんの意見を聞き、警察活動の参考にさせていただきたい。連携を図りながら非行や犯罪防止につなげていきたい」などと要請した。  「ボランティアとは何か│活動する上で意識したいこと」をテーマとした山口短大の梅田美穂講師による講話の後、学生たちが活動状況を発表した。  山口東京理科大のサークル理科大警備隊(9人)の藤本泰平部長(電気工学科2年)と藤本旭向副部長(同)は、今年から地域見守り活動への取り組みを始めることを明らかにした。小学校の対面式に参加して児童に顔を覚えてもらうことから始め、地域住民と一緒に通学路に立つほか、学内の地図製作サークルと連携して登下校時の要注意箇所を示した交通・防犯安全マップも作成する考えを示した。  小学生の学習支援に取り組んでいる梅光学院大の男子学生は、成績不振の児童が学校のテストで徐々に点数が上がっていく喜びを報告し、「子どもたちに少しでもプラスの影響が与えられれば」と話した。親子対象のタケノコ掘りにボランティアとして参加した同大の女子学生は「近所づきあいが希薄化している中で、地域活動の大切さを実感した」などと感想を述べた。  居場所づくり事業の農業体験で集団活動になじめない子どもへの対応をテーマとした事例研究もあり、学生と警察官らが、対処法について意見を交わした。 

関連記事

長野日報社

鮮やか二度咲きヤマツツジ 伊那市西春近のかんてんぱぱガーデン

伊那市西春近のかんてんぱぱガーデンで、春と秋の二季にわたって咲くヤマツツジが見頃を迎えた。展示ホール近くに植わる1株が鮮やかな朱色の花を付け、地域の人たちの目を楽しませている。 ヤマツツジ...

荘内日報社

プロと一緒に撮影 仙台の中学生が時代劇の映画づくり体験

 鶴岡市羽黒町川代のスタジオセディック庄内オープンセットに17日、仙台市立長命ケ丘中学校(長沼致弘校長)の2年生63人が校外活動で訪れ、名作の数々が生み出されたセットを使った時代劇の映画づくりを体験した...

紀伊民報社

県文化財指定を検討 安居の暗渠(あんきょ)

 和歌山県教育委員会は、白浜町の日置川沿いにある「安居の暗渠(あんきょ)」と水路について、県文化財指定を検討すると明らかにした。貴重な存在と評価し、保存や活用の方法も併せて考える。  17日の...

ガチャ440種 道東最大級 イオン帯広にオープン

 トーシン(帯広市、宮本達也社長)は18日、イオン帯広店(帯広市西4南20)2階に、カプセル入り玩具「ガチャガチャ」が400種類以上並ぶショップ「#C-pla(シープラ)」をオープンさせた。同...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク