全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

大学生ボランティアと県警が意見交換

活動報告する大学生ボランティア(県警本部で)

 少年の健全育成や立ち直り支援活動に取り組む大学生ボランティアと警察との意見交換会が27日、山口市の県警本部で開かれた。少年相談員委嘱を受ける学生を中心に県内5校の10人が、学習支援や子どもたちとの交流などの活動状況を発表した。  山口大、山口東京理科大、梅光学院大、山口短大、岩国短大の5校から少年相談員8人と学生防犯ボランティア(VOYS)2人が参加。会議の冒頭、県警の末永徹哉少年課長が、スマートフォンを介した犯罪の増加など少年非行と犯罪の変遷に触れ、「少年たちと年齢が近く、心理がよく分かる皆さんの意見を聞き、警察活動の参考にさせていただきたい。連携を図りながら非行や犯罪防止につなげていきたい」などと要請した。  「ボランティアとは何か│活動する上で意識したいこと」をテーマとした山口短大の梅田美穂講師による講話の後、学生たちが活動状況を発表した。  山口東京理科大のサークル理科大警備隊(9人)の藤本泰平部長(電気工学科2年)と藤本旭向副部長(同)は、今年から地域見守り活動への取り組みを始めることを明らかにした。小学校の対面式に参加して児童に顔を覚えてもらうことから始め、地域住民と一緒に通学路に立つほか、学内の地図製作サークルと連携して登下校時の要注意箇所を示した交通・防犯安全マップも作成する考えを示した。  小学生の学習支援に取り組んでいる梅光学院大の男子学生は、成績不振の児童が学校のテストで徐々に点数が上がっていく喜びを報告し、「子どもたちに少しでもプラスの影響が与えられれば」と話した。親子対象のタケノコ掘りにボランティアとして参加した同大の女子学生は「近所づきあいが希薄化している中で、地域活動の大切さを実感した」などと感想を述べた。  居場所づくり事業の農業体験で集団活動になじめない子どもへの対応をテーマとした事例研究もあり、学生と警察官らが、対処法について意見を交わした。 

関連記事

紀伊民報社

ギネス記録を達成 最大のレーザービーム文章

 和歌山県白浜町内で3軒の温泉宿を運営する「オージャス」(金田紀彦社長)は24日夜、同町椿で運営する温泉宿「XYZプライベートスパ&シーサイドリゾート」前の海岸で、「レーザービームで作った最大の...

荘内日報社

麺恋の 酒田ラーメン巡り旅PR 6月30日まで5店で開催 公益大生が動画撮影協力

 酒田のラーメンに着目したイベント「麺恋(めんごい)の!酒田んめもの巡り旅」が行われ、地元のラーメン愛好者たちを楽しませている。今月23日には市内のラーメン店で東北公益文科大学ラーメン同好会「麺恋の...

十勝の地盤マップ公開 帯広の東成「住宅建てる参考に」

 地盤調査を行う東成(帯広市、花房紀陽社長)は、十勝管内の地盤傾向を検索できる「地盤ファクト」(地盤マップ)を6月1日(予定)からホームページで一般公開する。地域ごとに地盤の傾向を3段階で表記して...

夜の海、幻想的に 大和村 国直沖でサンゴ産卵

 大和村国直沖で20日から、三夜連続でサンゴの一斉産卵が確認された。奄美海洋生物研究会会長で自然写真家の興克樹さん(51)=奄美市名瀬=が撮影した。卵と精子の入った直径0・5㍉ほどの淡いピンク色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク