全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

先進技術使い商品開発へ

 昨年10月にオープンした県水産試験場「おいしい魚加工支援ラボ」(鶴岡市加茂)で26日、県漁協女性部員を対象に、先進加工技術などを学ぶ研修会が開かれた。浜のお母さんたちが施設内の急速冷凍装置など先進的な加工技術を体験し、海の幸で作る総菜商品開発のヒントを探った。

 県漁協女性部を対象に県が今回初企画した研修会。水産加工品開発の動きを助長し、生産量増加や水産業者の所得向上につなげる狙い。

 この日は庄内一円から各支部の女性部員27人が参加。初めに同試験場の専門研究員による講話で、施設内にあるスチームコンベクションオーブンや低温乾燥庫、急速冷凍装置による調理・加工の特徴を学んだ。

 その後は参加者が持ち寄った「銀ガレイの甘辛揚げ」「いか飯」「ホッケを使ったハンバーグ」といった総菜を真空パック処理後、低温アルコールに浸して数分で急速冷凍。湯煎や電子レンジで解凍し、味見をして確かめた。県漁協女性部長で、酒田支部長の佐藤初子さん(79)=酒田市宮野浦=は「これまでにない施設。この施設を活用し、女性部を挙げて商品開発に取り組んでいきたい」と話していた。

 同ラボの施設利用率は1カ月当たり10日間ほどで推移。県の担当者は「県内で捕れた水産物を使って加工や調理することを要件として、施設内器具の利用料全額減額もある。予約の上、利用を」と話していた。問い合わせは県水産試験場資源利用部=電0235(33)4382=へ。

急速冷凍装置(手前右)に興味津々の様子の浜のお母さんたち(上)長期保存も可能な急速冷凍を施した総菜を触って確かめる参加者

関連記事

紀伊民報社

避難所でもコロナ感染防止策を

 和歌山県は、災害時の避難所の在り方について、新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた対応の流れ「避難所運営チャート」を示した。避難者ごとの間隔を確保したり、感染者が出れば適切に隔離したりする内容...

荘内日報社

庄内スマートテロワール活動推進― 庄農高生、ラーメン・パン店オーナーら収穫..

 庄内産の小麦が3日、鶴岡市羽黒地域の麦畑で刈り取られた。地産地消を目指す「庄内スマートテロワール」の活動を進める山形大農学部の呼び掛けに応じるように庄内農業高の教師・生徒、酒田のラーメン店、鶴岡の...

宇部日報社

常盤公園にハートの形の切り口のヤマザクラ

 宇部市の常盤公園「あじさい苑」に、ハート形の枝の切り口が潜んでいる。見つけた来場者からは「恋がかなうかも」「幸せになれるかも」と評判になっている。    約160センチの高さにあり、切り口は縦...

水素充填車 公開 動物園にも配達 鹿追実証事業

 鹿追町を拠点に行われている水素普及に向けた実証事業で、今年度導入する「簡易型水素充填(じゅうてん)車」が3日、町環境保全センターで公開された。9月から運用開始し、燃料電池(FC)フォークリフトや...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク