全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

先進技術使い商品開発へ

 昨年10月にオープンした県水産試験場「おいしい魚加工支援ラボ」(鶴岡市加茂)で26日、県漁協女性部員を対象に、先進加工技術などを学ぶ研修会が開かれた。浜のお母さんたちが施設内の急速冷凍装置など先進的な加工技術を体験し、海の幸で作る総菜商品開発のヒントを探った。

 県漁協女性部を対象に県が今回初企画した研修会。水産加工品開発の動きを助長し、生産量増加や水産業者の所得向上につなげる狙い。

 この日は庄内一円から各支部の女性部員27人が参加。初めに同試験場の専門研究員による講話で、施設内にあるスチームコンベクションオーブンや低温乾燥庫、急速冷凍装置による調理・加工の特徴を学んだ。

 その後は参加者が持ち寄った「銀ガレイの甘辛揚げ」「いか飯」「ホッケを使ったハンバーグ」といった総菜を真空パック処理後、低温アルコールに浸して数分で急速冷凍。湯煎や電子レンジで解凍し、味見をして確かめた。県漁協女性部長で、酒田支部長の佐藤初子さん(79)=酒田市宮野浦=は「これまでにない施設。この施設を活用し、女性部を挙げて商品開発に取り組んでいきたい」と話していた。

 同ラボの施設利用率は1カ月当たり10日間ほどで推移。県の担当者は「県内で捕れた水産物を使って加工や調理することを要件として、施設内器具の利用料全額減額もある。予約の上、利用を」と話していた。問い合わせは県水産試験場資源利用部=電0235(33)4382=へ。

急速冷凍装置(手前右)に興味津々の様子の浜のお母さんたち(上)長期保存も可能な急速冷凍を施した総菜を触って確かめる参加者

関連記事

長野日報社

山間地の救助活動 諏訪広域消防本部が訓練

諏訪広域消防本部特別救助隊は17~19日、山間地での救助活動訓練を岡谷市郊外の鳥居平やまびこ公園で行っている。昨年、県内で発生した山岳遭難は297件で全国最多だったことから、山岳地帯での事故に...

豊川もりあげ隊が明石で田植え

 豊川市のNPO法人「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」はこのほど、11月23、24両日にご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin明石」が開催される兵庫県明石市で田植えを行った。米は...

紀伊民報社

300人がタイム競う 田辺で遠泳大会

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で16日、遠泳大会「第6回南紀田辺・扇ケ浜オープンウオータースイミング」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)があった。約300人が参加した。  しかし、高波の影響...

荘内日報社

DC本番 オール山形でおもてなし

 新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)推進協議会県推進部会(部会長・皆川治鶴岡市長)の本年度総会が17日、鶴岡市のグランドエル・サンで開かれた。昨年度に展開したJR東日本大型観光...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク