全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

食品アート ロシアへ 帯広の甲賀さん作マッシュポテトの花

 帯広市の甲賀静香さん(46)が手掛けるアートフード「ポテトフラワー」が、北海道を代表とする一品としてロシアで紹介される。外務省と在ロシア日本大使館が3月2、3日にモスクワで開く日本の魅力発信イベントで、道が出品する食品・スイーツ15品目の中に選ばれた。イベントには、平昌五輪の女子フィギュアスケートで金メダルのアリーナ・ザギトワ選手も参加する予定。

十勝の食材を使ったポテトフラワーとアイシングクッキーを作る甲賀さん

 甲賀さんは東京都出身。神戸市の会社フェリシモで道産小麦パンや乳製品の企画開発、食品全般の通販業務に関わった後、2005年に北海道に移住。07年に帯広に拠点を移し、10年に十勝菓子工房華音(かのん)を開業した。

 神戸時代から十勝に通い、「生産者の懸命な努力によって生まれる素材の素晴らしさに感激していた」と甲賀さん。帯広に住むようになって「人と自然が絶妙な距離で共生する十勝という土地にも魅了された」と話す。

 独立開業して以降、十勝の魅力、良さを伝えるスイーツ作りに試行錯誤。十勝の食材を使ったカステラやバタークリームフラワー、白あんの上生菓子などに挑戦し、たどり着いたのがポテトフラワーだ。

 マッシュポテトを絞り出し、花をかたどるアートフードは「世界でもまだ取り組んでいる人がほとんどいない分野」。フランス料理などのメインの皿に添えて提供する食べ方を想定しているという。

マッシュポテトを絞り出し、花をかたどったポテトフラワー

 2017年から作り、徐々に認知度が高まる中、ロシアで紹介する魅力的な道産品を探していた道国際課の目に留まり、今回の出品が決まった。現地では在ロシア日本大使館やモスクワ市内の商業施設で日本各地の観光地、レジャー施設、食文化などの展示物が出品され、甲賀さんのポテトフラワーも紹介される。

 ザギトワ選手には、日本各地から名産品が贈られる方向でイベントが調整されている。甲賀さんは十勝の農場風景と、ロシアの世界遺産「聖ワシリイ大聖堂」を描いたアイシングクッキーを十勝産の砂糖を使って製作中。「ポテトフラワーとともに目に留めてもらえれば」と話す。

 ポテトフラワーは現時点で市販されておらず、甲賀さんは4月以降、十勝管内のカフェ、レストランでメニューとして提供したり、作り方を多くの人に知ってもらうためのワークショップを開くことを検討している。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク