全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

食品アート ロシアへ 帯広の甲賀さん作マッシュポテトの花

 帯広市の甲賀静香さん(46)が手掛けるアートフード「ポテトフラワー」が、北海道を代表とする一品としてロシアで紹介される。外務省と在ロシア日本大使館が3月2、3日にモスクワで開く日本の魅力発信イベントで、道が出品する食品・スイーツ15品目の中に選ばれた。イベントには、平昌五輪の女子フィギュアスケートで金メダルのアリーナ・ザギトワ選手も参加する予定。

十勝の食材を使ったポテトフラワーとアイシングクッキーを作る甲賀さん

 甲賀さんは東京都出身。神戸市の会社フェリシモで道産小麦パンや乳製品の企画開発、食品全般の通販業務に関わった後、2005年に北海道に移住。07年に帯広に拠点を移し、10年に十勝菓子工房華音(かのん)を開業した。

 神戸時代から十勝に通い、「生産者の懸命な努力によって生まれる素材の素晴らしさに感激していた」と甲賀さん。帯広に住むようになって「人と自然が絶妙な距離で共生する十勝という土地にも魅了された」と話す。

 独立開業して以降、十勝の魅力、良さを伝えるスイーツ作りに試行錯誤。十勝の食材を使ったカステラやバタークリームフラワー、白あんの上生菓子などに挑戦し、たどり着いたのがポテトフラワーだ。

 マッシュポテトを絞り出し、花をかたどるアートフードは「世界でもまだ取り組んでいる人がほとんどいない分野」。フランス料理などのメインの皿に添えて提供する食べ方を想定しているという。

マッシュポテトを絞り出し、花をかたどったポテトフラワー

 2017年から作り、徐々に認知度が高まる中、ロシアで紹介する魅力的な道産品を探していた道国際課の目に留まり、今回の出品が決まった。現地では在ロシア日本大使館やモスクワ市内の商業施設で日本各地の観光地、レジャー施設、食文化などの展示物が出品され、甲賀さんのポテトフラワーも紹介される。

 ザギトワ選手には、日本各地から名産品が贈られる方向でイベントが調整されている。甲賀さんは十勝の農場風景と、ロシアの世界遺産「聖ワシリイ大聖堂」を描いたアイシングクッキーを十勝産の砂糖を使って製作中。「ポテトフラワーとともに目に留めてもらえれば」と話す。

 ポテトフラワーは現時点で市販されておらず、甲賀さんは4月以降、十勝管内のカフェ、レストランでメニューとして提供したり、作り方を多くの人に知ってもらうためのワークショップを開くことを検討している。

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

荘内日報社

ポーランド・スコブロンキ女声合唱団 鶴岡の高校生と交流のハーモニー

 ポーランド・ポズナン市の「スコブロンキ女声合唱団」を迎えたコンサートが18日、鶴岡市の鶴岡アートフォーラムで開かれ、市内の高校生と共演し、交流のハーモニーを響かせた。  同合唱団は1950年設立。海...

宇部日報社

薩長同盟第2弾の日本酒完成

 山口、鹿児島両大の学生らが共同で造った純米吟醸原酒「ふれんど」が、20日から販売される。山口市役所で18日、発表会が開かれ、商品の名付け親となりラベルのデザインを手掛けた、作家で美術家の大宮エ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク