全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

歯応え良く適度な甘み 上野大根のたくあん漬け

長野県の諏訪市豊田上野地区などで生産される特産物「上野大根」のたくあん漬けが完成した。地元9軒の農家でつくる上野大根加工組合(笠原正夫組合長)は26日、たくあんの箱詰め作業を県道諏訪辰野線沿いの加工所で始めた。しっかり漬け込んだ鮮やかな黄色のたくあんを1箱に20本ずつ詰めた。箱詰め後は、県内を中心に全国各地の予約注文者に発送する。

上野大根は信州の伝統野菜に認定されており、硬くて辛いのが特徴。同地区で栽培されたものは「諏訪湖姫」の名で品種登録される。昨年8月から栽培し始め、11月に収穫。約1万8000本が目標だったが、生産者の高齢化や人手不足のために1万3000本となった。同月初旬から7~11日間天日干しして、ぬかやなすの葉、柿の皮と共に約3カ月間浸けた。笠原組合長(68)は「今年は雨が少なかったがよく成長した。歯応えが良く、適度な甘みのある仕上がりになった」と話していた。

予約注文者には3月3日に同加工所で引き渡しを行う。わっこ漬けや切り干し大根なども販売する。ほかにも農協配達や郵送で全国に届ける。予約注文者以外は、5月の高島城祭の直売で購入できる。

しっかり漬け込んだたくあんを箱詰めする組合員ら=諏訪市豊田上野地区

関連記事

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

白花豆カレー味わって 帯広農業高生が開発

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク