全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「頑張る人」無料冊子で応援 帯広の保育事業のイークが創刊

 建築デザインを核に保育福祉事業を展開する「イーク」(帯広、上野美幸社長)は、「十勝で頑張る人を応援する」をコンセプトとした無料冊子「イークマガジン」を創刊した。年1回のペースで発行予定で、上野社長は「十勝のすてきな人たちやグループ、企業の活動を広く発信したい」としている。

十勝の人などを紹介するフリーペーパーを出したイークの上野社長(右)

 イークはヨシダホーム(音更)のグループ会社。2017年末に設立し、企業主導型保育事業所「ぷちとまとほいくえん」の運営、各種セミナーの開催、店舗や住宅企画プロデュースなどを手掛ける。

 上野社長自身、長年保育施設で勤務した経験を持つ。2人の子どもの母でもあり、とかち子育てフェスの実行委員長を務めるなど子育てや女性を応援するイベントを企画・開催してきた。

 創刊の理由について、「イークの活動を知ってほしいことに加え、さまざまな分野で活躍する人とのネットワークができる中、十勝を元気にしようと活動する人たちの多さ、パワーに驚かされ、応援したかった」と説明する。

 立ち上げにあたり、国の小規模事業者持続化補助金を活用。「イークの活動PRともとらえ、同社でも費用負担をし、一般の掲載料を安価に設定したのが特徴」と上野社長。

 創刊号は「次代の十勝をつくる風」として、メンタルケア・スペシャリストで学童保育所支援員係長を務める津本恵利子さん(音更)など6人を紹介。「ネットワーク・インフォメーション」としてサロンや店の紹介も掲載。A4判オールカラー12ページ。昨年12月に3000部刊行、現在2000部を追加した。問い合わせはイーク(0155・67・8726)へ。

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

荘内日報社

ポーランド・スコブロンキ女声合唱団 鶴岡の高校生と交流のハーモニー

 ポーランド・ポズナン市の「スコブロンキ女声合唱団」を迎えたコンサートが18日、鶴岡市の鶴岡アートフォーラムで開かれ、市内の高校生と共演し、交流のハーモニーを響かせた。  同合唱団は1950年設立。海...

宇部日報社

薩長同盟第2弾の日本酒完成

 山口、鹿児島両大の学生らが共同で造った純米吟醸原酒「ふれんど」が、20日から販売される。山口市役所で18日、発表会が開かれ、商品の名付け親となりラベルのデザインを手掛けた、作家で美術家の大宮エ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク