全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「頑張る人」無料冊子で応援 帯広の保育事業のイークが創刊

 建築デザインを核に保育福祉事業を展開する「イーク」(帯広、上野美幸社長)は、「十勝で頑張る人を応援する」をコンセプトとした無料冊子「イークマガジン」を創刊した。年1回のペースで発行予定で、上野社長は「十勝のすてきな人たちやグループ、企業の活動を広く発信したい」としている。

十勝の人などを紹介するフリーペーパーを出したイークの上野社長(右)

 イークはヨシダホーム(音更)のグループ会社。2017年末に設立し、企業主導型保育事業所「ぷちとまとほいくえん」の運営、各種セミナーの開催、店舗や住宅企画プロデュースなどを手掛ける。

 上野社長自身、長年保育施設で勤務した経験を持つ。2人の子どもの母でもあり、とかち子育てフェスの実行委員長を務めるなど子育てや女性を応援するイベントを企画・開催してきた。

 創刊の理由について、「イークの活動を知ってほしいことに加え、さまざまな分野で活躍する人とのネットワークができる中、十勝を元気にしようと活動する人たちの多さ、パワーに驚かされ、応援したかった」と説明する。

 立ち上げにあたり、国の小規模事業者持続化補助金を活用。「イークの活動PRともとらえ、同社でも費用負担をし、一般の掲載料を安価に設定したのが特徴」と上野社長。

 創刊号は「次代の十勝をつくる風」として、メンタルケア・スペシャリストで学童保育所支援員係長を務める津本恵利子さん(音更)など6人を紹介。「ネットワーク・インフォメーション」としてサロンや店の紹介も掲載。A4判オールカラー12ページ。昨年12月に3000部刊行、現在2000部を追加した。問い合わせはイーク(0155・67・8726)へ。

関連記事

盲導犬と共に暮らす多田野さん

豊橋LCゲストスピーチ例会  盲導犬を知ってもらう啓発活動と育成資金のための募金活動をしているボランティア団体「盲導犬ゼウスの会」の代表で、盲導犬「ゼウス」と生活している多田野正子さん(54...

紀伊民報社

熊野速玉大社の「御船祭」

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社の例大祭「速玉祭」を締めくくる神事「御船祭」が16日に営まれ、観客の声援が飛ぶ中、大社近くの熊野川で9隻の早船による競漕(きょうそう)が繰り広げられた。 ...

荘内日報社

山形枝豆日本一産地化フォーラム

 山形枝豆日本一産地化フォーラム2019が16日、鶴岡市羽黒コミュニティセンターで開かれ、他産地の取り組みを学ぶ講演などを通じて大規模化とブランド化の両立について考えた。  日本一の枝豆産地化を目指...

むかわの秋の風物詩、シシャモのすだれ 浜風でうま味凝縮

 鵡川漁協が地域団体商標に登録し、全国的な知名度を誇る「鵡川ししゃも」のすだれ干しがむかわ町の加工各店でお目見えしている。今月1日に漁が始まり、翌日から町内各店前にずらり。うま味の凝縮を裏付ける...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク