全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋市消防本部が国内最長はしご車を配備

 豊橋市消防本部に国内最長の高さ54㍍まで届くはしご車が配備され、25日、市役所でお披露目された。愛称は「レッドジラフ54」。全国5台目で、市内で発生する中高層ビル火災への対応強化が期待される。  レッドジラフ54は、ビル18階あたりまで到達するはしごを備える。積載荷重270㌔(従来180㌔)で、一度の救助人数が増え、バスケットに備える放水銃からの消火も遠隔操作が可能。これで、市内の高層ビル6棟以外はすべてカバーできるという。  2001(平成13)年から使っていたはしご車の更新のため、約2億3000万円で購入。県内では岡崎市にも配備している。  愛称は昨年秋に募り、187件が寄せられた。消防職員らによる選考の結果、市内の平野雅穏さん(38)と幹大君(6)、山口知沙世さん(34)と晃生君(4)2組の親子が考えた「赤いキリン」を意味する名前が選ばれた。

 式では、2組の親子に感謝状とはしご車の乗車体験を贈呈。動物園と消防車両が大好きという幹大君は、側面にキリンのマークがデザインされたレッドジラフ54を前に「はしごの上は高くて、みんながちっちゃかった。赤いキリンさんにはいっぱい活躍してほしい」と笑顔で話した。   式後は、園児ら80人が見守る中、市役所13階から要救助者を助けるデモンストレーションも行われた。  レッドジラフ54は中消防署に配備され、協定により要請があれば、東三河各市へも出動する。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク