全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

炭鉱のまち釧路 家庭用石炭姿消す

手作業で進められている家庭用石炭の積み込み現場(釧路市港町)。この姿も間もなく見られなくなる

 「炭鉱のまち釧路」から、ついに家庭用の石炭が姿を消すことになった。釧路コールマイン(釧路炭鉱)が生産する石炭がこれまでの50万㌧体制から30万㌧体制へ減産し、しかも、現在釧路市興津に建設中の釧路火力発電所で使う粉炭として出炭されることから、家庭の暖房用石炭に回らなくなったのだ。1949年創業以来、石炭の卸しと小売りを行っている釧路市南大通5の2、釧路石炭販売(伊木繁樹社長)は顧客に3月末を持って、石炭の販売を終了する旨を通知した。

 釧路石炭販売は釧路コールマインから出炭される家庭暖房用の石炭を一手に取り扱っている。同社を通じて釧路の燃料店や販売業者に卸され、道内の帯広、札幌圏に出荷されていた。しかし、第1次オイルショックの1973年にピークの年間10万㌧に達した以降、家庭用燃料が石炭から石油に転換され、現在の取り扱い量は年間1500㌧と、石炭の需要は大きく落ち込んでいる。

 それでも同社から配達される顧客は現在147件。家庭用暖房で使用するところは減少の一途をたどりながらも、小規模な製造業の作業現場などで安価な石炭の需要が続いてきた。

 同社の浪岡修史営業課長は「石炭を家庭で燃やす場合はルンペンストーブですが、今ではホームセンターなどでも販売しておらず、地元の金属加工の会社に外注してきました。それも年間3、4個。石炭が家庭用暖房の主流だった時代とは大違いです」という。

 かつて、釧路コールマインの前身、太平洋炭礦の全盛期は炭鉱マンたちが家族とともに暮らした〝炭住〟(炭鉱住宅)の煙突からは白い煙が立ち上り、住宅街の道路の凸凹は石炭の燃えかすで埋められた光景が当たり前だった。

 市民の暮らしの中心にあった石炭は産業面でも重要な位置を占めていた。石炭販売の取り扱い終了の知らせを受けて、時代の流れとはいえ、惜しむ声が届いている。浪岡課長は「新潟の製造業者からは石炭の火力が一番いい。コークスでは火力が強すぎるんだと残念がる声が届いた」と語る。かつて水産都市釧路の産業の担い手だった中小水産加工業は減少。近代的な空調設備を整えた工場に転換されていったことから、赤々と燃えるルンペンストーブで冷えた体と指先を温めた光景もまた、今は昔の話となった。

 現在はガソリンスタンドと灯油、プロパンガスの取り扱いが主体となっている釧路石炭販売では今、釧路市港町の臨港営業所に在庫がある石炭の積み込み作業が続いている。1かごに50㌔の石炭を入れ込む作業は人力だが、この姿も3月いっぱいで終了。国内唯一の坑内掘り炭鉱の石炭を輸送する「石炭列車」が3月末で運休するのと、時を同じくして釧路の暮らしの中から石炭が消えていく。

関連記事

最後の豊川手筒まつり

 今年で最後を迎えた豊川市民まつり「第32回豊川手筒まつり」が24日夜、豊川市野球場で開催された。  午後6時から約3時間、全39ステージで市内の13連区による約400本の手筒煙火や、企業・団体によ...

荘内日報社

旧「ホテル雷屋」解体へ

 鶴岡市は23日、廃業後約12年間にわたって放置されている同市の堅苔沢地区の沿岸にある7階建ての旧「ホテル雷屋」を、空家対策特別措置法に基づく略式代執行で解体する方針を明らかにした。老朽化で外壁や屋上の...

紀伊民報社

調理体験型カレーパン食堂

 大学生が経営する調理体験型のカレーパン食堂が26日、JR紀伊田辺駅前のミュージックカフェ「モミの木」を借りてオープンする。客にカレーや具材を生地に詰めてもらい、揚げたてを提供する。9月1日まで...

宇部日報社

山口市とJR西日本山口支社が9月からレノファのラッピング列車

 山口市とJR西日本山口支社は23日、サッカーJ2レノファ山口のマスコットキャラクター「レノ丸」と市の観光名所のイラストをあしらったラッピング列車を運行すると発表した。9月1日から山口線を中心に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク