全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

平成最後は「明けの海」 八剱神社注で進奉告祭

御神渡りの注進奉告祭でしめ縄をたき上げる炎を囲む八剱神社の関係者

 諏訪湖の湖面が結氷し、せり上がる自然現象「御神渡り」の判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市小和田)で23日、今冬の結果を神前に告げる注進奉告祭があった。総代や古役ら約40人が参加。平成最後の今冬は、御神渡りが出現しない「明けの海」となったことを奉告した。

 平成に入ってから22回目の明けの海で、2季連続の御神渡り出現はかなわなかった。今冬は冷え込みが続かず、薄氷が張っては解けて全面結氷にも至らなかった。

 神事では、宮坂清宮司(68)が「小波打ち寄する明けの海にて御渡りござなくそうろう」と読み上げ。神事後は、御神渡りができた時に氷上の筋道を確認する拝観式で使用予定だったしめ縄をたき上げた。総代らは真剣な表情で炎を見守った。

 宮坂宮司は「今冬は暖かく、薄氷が張る程度だった」とし、「御神渡りの記録は1443年に始まった。明けの海で残念だと終わりがちだが、伝統を未来につなげたことに意味がある」と話した。宮坂平馬大総代(65)は「もう少し凍ってほしい思いもあった。来季は温暖化にめげず、諏訪湖に頑張ってほしい」と期待した。

 奉告祭に続き、結果を記した注進状を諏訪大社に奉納した。大社を通して宮内庁に言上、気象庁に報告される。

関連記事

宇部日報社

先端技術活用のまちづくりへ 市がスマートシティ推進本部を設置【宇部】

 宇部市は18日、庁内にスマートシティ推進本部を設置した。情報通信技術(ICT)や人工知能(AI)などの先端技術を活用した持続可能なまちづくりへの施策の方向性をまとめ、民間の体制づくりも支援する...

香りも瓶詰め 十勝ワインヌーボ28日解禁 池田

 今年産ブドウを原料にした新酒「十勝ワイン ヌーボ赤2019」の瓶詰め作業が19日、町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)の製造工場で行われた。3000本を製造し、28日に発売する。  後志...

釧路新聞社

谷口夫妻 林産で天皇杯【標茶】

谷口種苗農園(町開運8)取締役会長の谷口洋一郎さん(77)と同取締役の希(まれ)子(こ)さん(70)夫妻が、2019年度第58回農林水産祭天皇杯(林産)を受賞した。 天皇杯林産部門の受賞は道内...

小浜小の6年生7人 島の魅力、観光パンフ作成 はいむるぶしに贈呈 

 【小浜】小浜小中学校(漢那ひとみ校長)の小学6年生7人がこのほど、来島者に島の良さ・魅力を伝えようとパンフレットを作成、小浜港とリゾート施設「はいむるぶし」に贈呈し観光客への配布を依頼した。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク