全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

亡き父の跡を長女が継いで茶屋開店

新城川売で3月1日から梅花まつり

 梅花の名所として知られる新城市海老地区にある川売(かおれ)の集落で、今年も3月1日から地元農家が軒先などに出店する「梅花まつり」が行われる。期間中には地元の農家が茶屋を開くほか、軒先に店を構えて加工品などを販売する。うち「はるちゃんの店」として長年中心となって活動してきた近藤治敬(はるゆき)さんが昨秋に亡くなったため、長女の美紀さんが継いで行う。  同所は15戸で集落をつくり、1500本の梅の木が植えられている。毎年県内外から多くの人たちが訪れる。「まつり」は来訪者をもてなそうと地元農家が中心となって25年前から開催。軒先などにブースを設けて特産の梅製品や五平餅を販売している。今年も飲食を兼ねたものが3カ所、物販が3カ所ほどが出店するという。  近藤さんは昨年11月24日に腹膜炎により急逝。83歳だった。美紀さんによると、前日まで農作業をして販売準備していたという。山里で梅がきれいに見られる場所としてPRしてにぎわいをという思いを持ち続けて毎年の「まつり」を楽しみにしていた。  「はるちゃんの店」は集落の出入り口部分に茶屋を構えており、美紀さんは20年ほど前から父の農作業とともに手伝っている。「あまりに急だったので引き継ぎもなかったけど、今まで通りにもてなしをしますよ」と話す。  23日には開店準備を開始。屋内の清掃などを行った。「父はまつりの時は納品や駐車状況を見回るなどとにかく楽しそうでした。その精神を引き継いでいきますよ」と美紀さん。  川売地区の梅は今年は10日から2週間ほど早く咲いており、現在3分咲き。3月上旬に満開となるという。

関連記事

長野日報社

芳香シクラメン直売 駒ケ根の信州ナーセリー

 鉢花を生産する駒ケ根市南割の「信州ナーセリー」は13日から、「シクラメンの香りフェア」と銘打った直売イベントを始めた。大鉢のシクラメンと、出荷最盛期を迎えた小ぶりなガーデンシクラメンを販売。...

荘内日報社

「庄内柿」香港に向け出荷

 酒田市のJAそでうら(五十嵐良弥組合長)が庄内柿を酒田港から香港に輸出することになり、トラック積み込み作業が12日、同市坂野辺新田の同JA選果場で行われた。市産業振興まちづくりセンター(サンロク)...

釧路新聞社

イワシを使った「ふるさと給食」【厚岸】

厚岸に水揚げされたイワシを使った「ふるさと給食」が12日、町内全小、中学校で振る舞われ、児童生徒らが地元の味に舌鼓を打った。厚岸漁協(川崎一好組合長)が子供たちに地場の魚介類を味わってほしいと無...

紀伊民報社

水槽内も「芸術の秋」 エビとカニの水族館

 和歌山県すさみ町江住のエビとカニの水族館は、「芸術の秋~飼育員が選ぶ海の芸術賞~」と題した特別展を開いている。「色・形がさまざまで美しいで賞」「細くてかっこいいで賞」などのユニークな賞を設定。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク