全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田市出身の「高校横綱」 齋藤さん八角部屋入門

 酒田市出身で本年度の「高校横綱」の齋藤大輔さん(18)=埼玉栄高3年、190センチ、135キロ=の大相撲八角部屋入門が決まった。21日の入門発表から翌日の22日、齋藤さんは酒田市役所を表敬訪問して丸山至市長に大相撲への挑戦を報告、「酒田をPRできるように強くなる」と力強く語った。

 齋藤さんは宮野浦小、酒田一中出身。小学校3年から酒田相撲教室に通い、中学3年で全国都道府県中学生相撲選手権大会優勝。相撲強豪校として知られる埼玉栄高(埼玉県さいたま市)に進学し、3年生の本年度は世界ジュニア相撲選手権大会、高校総体、福井国体少年男子でいずれも個人優勝を果たすなど高校相撲界の頂点を極めた。昨年12月にはアマチュア日本一を決める天皇杯全日本相撲選手権大会に唯一の高校生として出場している。得意な形は突き押しからの左四つ。

 この日の地元凱旋(がいせん)では母校の酒田一中と酒田相撲教室の訪問を経て市役所へ。八角親方代理として大相撲解説者の元横綱・北の富士勝昭さん、母親の百合さん=酒田市若宮一丁目、会社員=が同席した。

 表敬訪問で齋藤さんは「地元を背負って頑張るという思いでこれまでやってきた。いち早く関取になれるよう頑張る」と故郷に錦を飾る決意を語って入門を報告した。

 丸山市長は「酒田市民の期待を一身に背負って、修業を頑張ってもらいたい」と激励。酒田市のPRワッペンを手渡し、描かれたモチーフになぞらえて「市鳥のイヌワシのように相撲界のトップに立ち、市花のトビシマカンゾウのような華麗な技を磨き、ケヤキのように風雪にも耐えて」と期待を込めた。お祝いの品として酒田産雪若丸の米俵も贈った。

 同席した北の富士さんは、「酒田で妹がちゃんこ屋をやっている関係で中学に入る前に初めて会ったが、当時から前途洋々。『酒田市出身、八角部屋』として放送される日をそう長くは待たせない。大型力士として左四つ相撲を完成させ、立派な力士に育てたい」と述べた。席上、齋藤さんのしこ名についても盛り上がっていた。

 齋藤さんは3月10日に初日を迎える春場所の新弟子検査を受け、合格すれば前相撲でデビューとなる。

おごらず一生懸命      指導の白畑さん

 小中時代に指導した酒田相撲教室の白畑悌輔さん(81)=酒田市緑町=の話  中学時代から手足が長く、有利だったとは思うが、教室の上の強い子たちとの稽古を通して学び、おごらずに一生懸命やっていたのを思い出す。自分で考えた練習に取り組むといった態度にはプロ入りへの強い気持ちを持っていると感じることはあった。長年指導した中でも、インターハイ、国体の2つを制した子はおらず、体格にも恵まれた逸材といっていい。昨年、練習に来た時に「インターハイ、国体を制覇してようやく会いに来ることができた」と話してくれたのも忘れられない。「せめて大関」と大いに期待したい。

大相撲八角部屋入門を報告する齋藤大輔さん=22日、酒田市役所(左)八角部屋入門の報告で酒田市役所を表敬し、祝い品の酒田産雪若丸の米俵や激励メッセージが贈られた。左から丸山市長、齋藤さん、母親の百合さん、北の富士さん=22日

関連記事

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

長野日報社

南ア登山の安全祈願 北沢峠で3年ぶり長衛祭 長野県伊那市長谷

 南アルプスの開拓者、竹澤長衛(1889~1958年)をしのぶ「第64回長衛祭」(同実行委員会主催)の碑前祭は25日、長野県伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠(標高2032メートル)で、3年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク