全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

厚真町鹿沼の住宅で床板を補修するボランティア=23日午前10時すぎ

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2人一組になって住民宅を見回り、被害状況を調査。家具や食器などが散乱した部屋を片付けたり、補修の作業に汗を流した。

 同センターは地震から一夜明けた22日、住民の被害状況を確認する活動を開始。23日は10代から60代のボランティア20人が午前9時まで同センターに集まり、家屋損傷の報告があった鹿沼地区、断水が続く豊沢地区、揺れが大きかった朝日地区などの住宅を訪れ、支援活動に当たった。

 鹿沼地区の二階建て住宅には男性ボランティア3人が訪問し、地震の揺れで床が抜けそうな状況を確認。畳を剥がし、床板を直すなどの補修を施した。

 大工の経験があるという釧路市のボランティア男性(62)は「私たちができるのはあくまでも応急処置だが、少しでも手助けになれば」と話した。この家に暮らす元農家の男性(81)は善意に感謝しながら、「55年暮らしていて家の床が抜けそうになったのは初めて。今回の地震ではけがはなかったが、また揺れるのではと不安でしょうがない」と心配そうな表情を浮かべた。

 松田センター長は「今後も見回り活動でお年寄りの体調の変化など把握し、サポートしていきたい」と話した。

 町の町民福祉課と社会福祉協議会も、地震発生後の21日夜から22日にかけて保健師、社会福祉士、町職員20人が町内の仮設住宅を訪問し、安否を確認。町地域包括支援センターも一人暮らし高齢者宅を訪ね、健康状態などを調べた。

 一方、安平町の災害ボランティアセンターは22日から23日にかけ、ボランティアが住民宅を訪問し、困りごとを把握する聞き取りや家の片付け作業などを展開。むかわ町のセンターも住民からの支援相談を受け付け、対応している。

関連記事

紀伊民報社

和歌山大・慶応大と連携協定 教育のICT化推進

 和歌山県教育委員会は29日、ICT(情報通信技術)を活用した教育について協力をもらおうと、和歌山大学や慶応義塾大学SFC研究所と連携協定を結んだ。  県教委は来年9月までに、県立学校や県教育施...

生誕120周年記念コンサート 来月8日、知里幸恵 銀のしずく記念館  登別

「アイヌ神謡集」の著者知里幸恵(1903~22年)の業績を伝える登別市の「知里幸恵 銀のしずく記念館」(登別本町2)は6月8日午後3時から、生誕120周年記念コンサートを開催する。出演予定だったフ...

宇部日報社

早乙女ら献上米のお田植【山口】

 秋の宮中行事「新嘗祭(にいなめさい)」に献上される米のお田植え式が27日、山口市仁保上郷の平岡武さん(67)の水田で行われた。平岡さん、JA、市の関係者、早乙女が一緒に田んぼに入り、「恋の予...

宇部日報社

映えるゴテチャ、6月上旬まで見頃 二俣瀬車地【宇部】

 宇部市二俣瀬車地の畑で、アカバナ科の花「ゴテチャ」が見頃を迎えた。赤、白、ピンク色の花弁が風に揺れ、辺りは華やかな雰囲気に包まれている。  畑は約1000平方㍍あり、管理するのは近くに住...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク