全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新千歳空港で175人が一夜 JR運行停止、バス乗り場に長蛇の列

空港内で配布された毛布などを受け取る利用者=22日午前0時20分ごろ、新千歳国内線ビル4階

 新千歳空港でも大きな揺れを観測し、滑走路の点検のため出発、到着合わせて2便で約50分の遅れが発生した。空港と連絡するJRが運転を見合わせたため、千歳、札幌市内などを結ぶ交通手段はバスやタクシーに限られ、ビルの乗り場には長蛇の列ができたほか、空港に外国人18人を含む175人が足止めされ、一夜を過ごした。

 国土交通省新千歳空港事務所によると地震発生後、2本ある滑走路を午後9時40分から10分間、さらに同10時15分から15分間にわたり点検し、異常がないことを確認。欠航は発生せず、22日は始発から通常運航している。

 空港内ではバスやタクシー乗り場に利用者が殺到した。列に並んでいた札幌市在住の会社員の女性(26)は「これから帰れるのだろうか」と途方に暮れた様子。地震発生当時は飛行中の機内にいた茨城県在住の会社員男性(31)は「札幌に向かう予定だが、着ける自信がない。空港で寝るしかないかも」と肩を落とした。

 新千歳空港ターミナルビルディングは国内線ビル4階を開放し、毛布や水、食料を配布。翌日に就職活動を控えていた岡山県在住の男子大学生(22)は「バスの列に並んだが乗れなかった。あしたは(就職活動に)行けるか分からない」と不安げに話し、疲れた体を休めていた。

 JR北海道は21日、線路などの点検のため特急2本、快速エアポート5本を含む計34本を運休。JR千歳線では北広島―沼ノ端、南千歳―新千歳空港間の運転を終日見合わせた。駅間で停車した列車もあったが、22日順次運転を再開した。

関連記事

紀伊民報社

紀南の自治体から職員続々 大雨被害の海南市を支援

 6月2日から3日にかけての大雨で大きな被害を受けた和歌山県海南市を支援しようと、紀南の自治体が職員を派遣している。災害ごみの撤去など、復旧に向けた作業に当たった職員は「1週間たってもまだ爪痕が...

高校生ものづくりコン道ブロック大会、測量部門で苫小牧工高が最優秀賞

高校生が3人1チームで測量のスピードや正確さを競い合う第23回高校生ものづくりコンテスト北海道ブロック大会測量部門が8、9の両日、苫小牧工業高校で開かれた。道内8校による対戦で苫工のチームが最優秀...

荘内日報社

互いの文化や生活 理解深める ポーランド・アダム大と公益大オンライン交流 イ..

 ポーランド共和国で日本語を学ぶ学生と、東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生による交流会が7日、オンラインで行われ、学生たちが互いの国の文化や生活などについて理解を深め合った。公益大とポー...

ふたりぼっちパスポート 「1人分無料」12日発売 十勝

 「十勝シーニックバイウェイトカプチ雄大空間」代表者会議(野村文吾代表)が企画する「ふたりぼっちパスポート」の販売・利用が12日からスタートする。加盟施設の対象商品・サービスを2人で利用すると1...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク