全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

サッカー競技場構想 支援 道経産局プラン 札幌

 北海道経済産業局は21日、「北海道スポーツ関連産業創出プラン」を発表した。地域スポーツと周辺産業を融合させ、地域経済を振興するのが目的。道内11件の事業を支援するもので、十勝はサッカーJFL、Jリーグ昇格を目指す社会人チーム「北海道十勝スカイアース」などと連携、スタジアム構想を後押しする。

道スポーツ関連産業創出プランにスタジアム支援が盛り込まれた、スカイアース(中央がスカイアースのMF渋谷亮選手)

 「北海道スポーツ産業振興アクションプラン2019」と名付け、産学官連携で道内スポーツ産業を支援する。スカイアースは十勝の中核企業がスポンサーとなり、子どもサッカー教室の開催、芽室町との包括連携協定(昨年8月)など、地域に根ざした活動を展開している。

 プランでは、将来のJリーグ昇格を見据え、スタジアム整備を支援。トレーニング設備やスクール専用のグラウンドに加え、飲食や地元食材を販売する店舗を併設した総合型の複合スタジアムを提案している。

 建設費については国の補助金制度の活用法、先行事例を紹介し、専門家を招いての講演会でノウハウを伝える。食やITに関する分野とリンクさせ、地域内外へ訴求力を高める。

 十勝関連ではこの他、帯広市の新総合体育館(2020年3月オープン予定)を拠点としたスポーツ、健康、レクリエーションの複合的なコンテンツの開発も検討している。

 道経産局は「スカイアースは地域活動に積極的。スポーツや周辺の産業を掛け合わせて地域を活性化させるため、プラットホームなどのソフト面を提供していきたい」と話している。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク