全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

サッカー競技場構想 支援 道経産局プラン 札幌

 北海道経済産業局は21日、「北海道スポーツ関連産業創出プラン」を発表した。地域スポーツと周辺産業を融合させ、地域経済を振興するのが目的。道内11件の事業を支援するもので、十勝はサッカーJFL、Jリーグ昇格を目指す社会人チーム「北海道十勝スカイアース」などと連携、スタジアム構想を後押しする。

道スポーツ関連産業創出プランにスタジアム支援が盛り込まれた、スカイアース(中央がスカイアースのMF渋谷亮選手)

 「北海道スポーツ産業振興アクションプラン2019」と名付け、産学官連携で道内スポーツ産業を支援する。スカイアースは十勝の中核企業がスポンサーとなり、子どもサッカー教室の開催、芽室町との包括連携協定(昨年8月)など、地域に根ざした活動を展開している。

 プランでは、将来のJリーグ昇格を見据え、スタジアム整備を支援。トレーニング設備やスクール専用のグラウンドに加え、飲食や地元食材を販売する店舗を併設した総合型の複合スタジアムを提案している。

 建設費については国の補助金制度の活用法、先行事例を紹介し、専門家を招いての講演会でノウハウを伝える。食やITに関する分野とリンクさせ、地域内外へ訴求力を高める。

 十勝関連ではこの他、帯広市の新総合体育館(2020年3月オープン予定)を拠点としたスポーツ、健康、レクリエーションの複合的なコンテンツの開発も検討している。

 道経産局は「スカイアースは地域活動に積極的。スポーツや周辺の産業を掛け合わせて地域を活性化させるため、プラットホームなどのソフト面を提供していきたい」と話している。

関連記事

長野日報社

関東甲信 過去最速梅雨明け 諏訪地方もスッキリ青空 長野県

気象庁は27日、長野県を含む関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。1951年の統計開始以来最も早く、平年より22日、昨年より19日早い。梅雨明けまでの期間は21日と過去最短だった。 ...

紀伊民報社

「野球始めるきっかけに」 元阪神・濱中さんが教室

 田辺市出身で元プロ野球選手の濱中治さん(43)が25日、和歌山県上富田町朝来の上富田スポーツセンターで野球教室を開いた。  濱中さんは5月、野球独立リーグ「和歌山ファイティングバーズ」のゼネラ...

荘内日報社

女子プロレス・ディアナ庄内大会 同郷の井上選手らとタッグ戦

佐藤選手 古里・庄内町で凱旋試合  庄内町余目出身の女子プロレスラー・佐藤綾子選手(36)の凱旋(がいせん)興行「ワールド女子プロレス・ディアナ庄内大会」が25日、同町総合体育館で行われた。メインイベ...

厚真神社お披露目 復旧した姿に笑顔 鎮守の杜マルシェ

胆振東部地震で社務所や鳥居などが大きな被害を受けた厚真神社の復旧をお披露目するイベント「鎮守の杜(もり)マルシェ」が24、25両日、同神社で開かれた。神事の茅の輪くぐりや手水舎(ちょうずや)に花々...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク