全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

郡内各地で「十六日祭」 親族ら墓前に集い先祖供養

 後生(グソー)の正月と言われる旧暦1月16日の伝統行事「十六日祭」が20日、郡内各地の墓地で行われた。

 郡内の各学校は午後から休みとなり、墓前には家族や親戚が集い、ごちそうを詰めた重箱や酒などを供え、線香を焚き、先祖を供養。近況を語り合うにぎやかな光景が各地で見られた。

 この日は晴天に恵まれ、石垣島では最高気温28.1度の夏日。屋根のない墓ではテントやシートで暑さをしのいだ。

 字石垣の喜舎場家之墓には親戚ら12人が集まり、ごちそうを囲んで楽しそう。日差しを遮るためシートを準備していた喜舎場英准さん(65)=石垣=は「普段は皆がそろって手を合わせているが、きょうは暑いので来た順番に線香を上げている。もったいないくらいの良い天気になった」と声を弾ませた。

 英准さんの甥にあたる徹さん(40)=登野城=は「十六日祭と旧盆は親戚みんなが集まる機会。近況を報告したり、久しぶりに会う親戚の子どもの成長を感じたりしている」と伝統行事の大切さを感じていた。

関連記事

感謝の思い胸に 小学校卒業式 帯広

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

宇部日報社

県立美術館で扇の特別展

 県立美術館の特別展「扇の国、日本」が、山口市亀山町の同館で開かれている。日常的に使用された紙の扇をはじめ、扇をモチーフとしたびょうぶや器、ふすま絵など、中世の作品を中心に約160点を並べている...

長野日報社

甲信の縄文“魅力発信” 茅野で初フェス

 八ケ岳周辺がエリアの日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」の活用に取り組む甲信縄文文化発信・活性化協議会は21日、初の「甲信縄文フェスティバル」を茅野市の茅野市民館で開いた。日本遺産を構成する...

人気の竹島水族館で年間入館者45万人突破

3組の親子に幸運  蒲郡市竹島水族館の年間入館者数が21日、45万人を突破した。今年度は1978(昭和53)年度に統計を初めて以来最多のペース。45万人目の親子にプレゼントを贈った小林龍二館長は「来館し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク