全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

米の高校生4人、小野田工高で柔道交流

日米合同の柔道練習(小野田工高で)

 米国ワシントン州ケント市の高校生4人が、18~20日の日程で山陽小野田市の小野田工高を訪れ、授業や柔道練習で交流を深めた。生徒たちは再会を誓い合っていた。

 全国高等学校体育連盟柔道専門部が1967年から実施している日米交流で、柔道をしている高校生が日米を行き来し国際理解を深めている。  今回はケント市内の3校からS・ウイン君(17)、M・タイア君(15)、L・ロペス君(17)、A・J・A・パロマさん(17)が16~26日の日程で日本を訪れ、小野田工高での交流のほか県内の少年柔道クラブと交流したり、秋吉台や広島市の平和公園などを訪れたりして日本の文化に触れている。  20日は4人が小野田工高で英語や体育の授業を受けた。放課後は生徒会のメンバーと交流し、書道や折り紙で日本文化の一端に触れた。折り紙では生徒会メンバーに教えてもらいながら鶴や手裏剣を折った。書道では自分の好きな言葉を日本語で書くのに挑戦。白い紙には「友情」「勇気」「一期一会」などの言葉が躍った。  ウイン君は「友人が日本語科目を選択しているので自分も習っている。アニメのワンピースが大好き」、パロマさんは「日本で1週間ぐらい過ごしたが、少しずつ日本語が分かるようになるのを実感した」と留学の手応えを話した。  生徒会長の井上奏志君(2年)は「同世代の外国人と触れ合う機会がほとんどなかったので貴重な体験になった」と交流の意義を話した。  4人はこの後、柔道部と一緒に練習。ウオーミングアップの後、日本の高校生と打ち込みなどを行った。石山泰杜主将(3年)は「1年の時にも留学生と練習した経験がある。言葉はうまく通じないが、向こうも一生懸命に聞いてくれ心は通じ合った」と話した。

関連記事

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

宇部日報社

新庁舎初の期日前投票所に整理券の発券機設置【宇部】

 参院選の期日前投票が、宇部市役所で始まっている。新庁舎初の期日前投票所は、正面入り口から入ってすぐの総合受付の奥にあり、コロナ禍の中、投票者が長蛇の列になっての密を避けるため、初めて整理券の発...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク