全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ぷらっと広場でラーメン 「古里の力に」 陸別

 陸別町出身の工藤篤史さん(43)が、商業活性化施設「コミュニティプラザ☆ぷらっと」(町大通)内の1階フリースペース「ぷらっと広場」に、コミュニティカフェ「K’Sキッチン」をオープンさせた。「古里の力になれたら」と空いていた同スペースの運営管理を引き受けた。だしを利かせたラーメンが看板メニューだ。

「鶏ダシ魚介醤油(しょうゆ)ラーメン」を手にする工藤さん

 工藤さんは陸別小・中学校、足寄高校を卒業後、専門学校を経て、札幌で飲食関係の仕事に。「元祖さっぽろラーメン横丁」で腕を振るっていた昨年、「寒さで有名な陸別で“熱いラーメン”を作るのはどうだろう」と知人と話が盛り上がり、古里に帰るきっかけになった。

 15日のオープンメニューは、魚介だしと鶏の清湯スープを合わせた「鶏ダシ魚介ラーメン」(しょうゆ、塩)と「鶏白湯味噌(みそ)ラーメン」(いずれも700円)。ミニ丼(豚角煮丼、牛丼)も用意し、ランチタイムには46食を提供した。

 工藤さんは「10人が食べて8人がおいしいと言ってくれるくらいがちょうどいい。麺は中太卵のちぢれ麺だが、味やトッピングは要望に応えます」と話す。

 幅広い食分野の経験を生かし、今後は地元食材を使ったスープカレーなど、メニューを増やしていく。ただ「日本一寒い町のラーメンとして道外の人にも食べてもらいたい」(工藤さん)とした思いもあり、店内のラーメンは「陸別ラーメン」と名付けてブランド化したいと考えている。

 フリースペース「ぷらっと広場」は、町商工会の委託を受けて工藤さんが管理。雑誌やテレビ、公衆無線LAN「Wi-Fi」も利用可能で、食事の有無にかかわらず気軽に入店できる。問い合わせは同店(0156・28・0528)へ。

関連記事

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

白花豆カレー味わって 帯広農業高生が開発

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク