全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄内で働き暮らす将来像 先輩たちが魅力伝える

 若手社員を対象にした庄内地域同期会「ルーキーズカレッジ」が19日、鶴岡市の東京第一ホテル鶴岡で開かれた。社会人の先輩たちの体験談を聞き、庄内で働き暮らす将来像を考えながら交流を図った。

 同じ地域で働く若手社員の同期コミュニティーの形成を図り、離職防止や地元定着にもつなげようと県庄内総合支庁と鶴岡市、フィデア総合研究所が開催。同市などが本年度に設立した「地域同期会」と連携を図った。

 この日は製造や金融、福祉、建設、サービス業などの事業所から入社1~3年の若手社員50人が参加。県内のまちづくり活動などに取り組む「Idea partners」代表の山本一輝さんを講師に迎えた。

 初めにバイタルネット鶴岡支店の高木涼太さん、アトリエイマジンの上野裕太さん、パソコンくらぶたんぽぽの菅原ひとみさんの社会人の先輩3人がゲストトーク。高木さんは新人時代を振り返り「分からないことばかりで先輩の行動のまねをしていた。がむしゃらにやっていたが、今思えばもっと先輩方に聞けばよかったと思う」、上野さんは仕事のやりがいや心掛けていることについて「建築した家が形になるとうれしい。現場の職人は無口で言葉がきつい人も多いが、しっかり自分の考えを伝えるようにしている」、菅原さんは将来の目標などについて「パソコン以上の教室経営を心掛けている。地元組の仲間がいるから頑張れる。庄内で子育てできた幸せ、これまで頂いた恩を返していけたら」などと語り、若手社員たちの質問に答えていた。

 その後、山本さんのリードでこれまでの自分を見つめるキャリアデザインシートを作成するワークショップや交流会を行い、同じ地域で働く仲間として一緒に学び合い、親睦を図った。

庄内地域で働く先輩の声を聞く若手社員たち

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク