全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄内で働き暮らす将来像 先輩たちが魅力伝える

 若手社員を対象にした庄内地域同期会「ルーキーズカレッジ」が19日、鶴岡市の東京第一ホテル鶴岡で開かれた。社会人の先輩たちの体験談を聞き、庄内で働き暮らす将来像を考えながら交流を図った。

 同じ地域で働く若手社員の同期コミュニティーの形成を図り、離職防止や地元定着にもつなげようと県庄内総合支庁と鶴岡市、フィデア総合研究所が開催。同市などが本年度に設立した「地域同期会」と連携を図った。

 この日は製造や金融、福祉、建設、サービス業などの事業所から入社1~3年の若手社員50人が参加。県内のまちづくり活動などに取り組む「Idea partners」代表の山本一輝さんを講師に迎えた。

 初めにバイタルネット鶴岡支店の高木涼太さん、アトリエイマジンの上野裕太さん、パソコンくらぶたんぽぽの菅原ひとみさんの社会人の先輩3人がゲストトーク。高木さんは新人時代を振り返り「分からないことばかりで先輩の行動のまねをしていた。がむしゃらにやっていたが、今思えばもっと先輩方に聞けばよかったと思う」、上野さんは仕事のやりがいや心掛けていることについて「建築した家が形になるとうれしい。現場の職人は無口で言葉がきつい人も多いが、しっかり自分の考えを伝えるようにしている」、菅原さんは将来の目標などについて「パソコン以上の教室経営を心掛けている。地元組の仲間がいるから頑張れる。庄内で子育てできた幸せ、これまで頂いた恩を返していけたら」などと語り、若手社員たちの質問に答えていた。

 その後、山本さんのリードでこれまでの自分を見つめるキャリアデザインシートを作成するワークショップや交流会を行い、同じ地域で働く仲間として一緒に学び合い、親睦を図った。

庄内地域で働く先輩の声を聞く若手社員たち

関連記事

長野日報社

能舞台で聴衆魅了 辰野で初の「音楽祭」多彩に

 長野県上伊那郡辰野町と住民が協働で展開する「日本のど真ん中」PRプロジェクトのイベント「能舞台de(で)音楽祭」は22日、同町川島のかやぶきの館の能舞台で開いた。プロの音楽家や地元中学生らが...

餃子づくりで日中親睦

 豊橋地区日中友好協会(鈴木道夫会長)は22日、「中国人留学生と餃子(ぎょうざ)を作る会」を豊橋市本郷地区市民館で開き、日中両国の友好を互いに深め合った。  同協会が毎年実施する恒例の友好事業...

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク