全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

公共空間の活用法探る 伊那で講演とWS

講演で国内外の公園改修の事例を説明する飯石さん

 伊那市の市民有志でつくる「伊那まちの再生やるじゃん会」セントラルパーク活用委員会は19日、街再生イベント「セントラルパークから明日のいなまちの暮らしを考えよう」を市創造館で行った。地域住民やまちづくりを学ぶ学生など約50人が参加。講演とワークショップで公共空間の活用方法を探った。

 同委員会が市協働のまちづくり交付金を活用し初めて開いた。2日間の日程の2日目で、講演は遊休化した公共施設や公園の活用をマッチングする公共R不動産コーディネーターの飯石藍さん(36)=東京都=が「住み続けたくなる街をみんなで育てる」と題して話した。

 飯石さんは、「浮浪者や薬物の売人がたむろしていたニューヨークの公園が、改修で市民が集う憩いの場になった」などと、国内外の公園のリノベーション(改修)の事例を紹介。誰も利用していない公園や、禁止事項が多く使い勝手が悪い公園が国内にも点在しているとして、官民協働での公共空間づくりの重要性を説いた。飯石さんは「公園は住民のもの。住民の居場所になれば公園や地域に愛着も生まれる。越えなければならないハードルもあるが、まずは行動につなげることが大切」と呼び掛けていた。

 ワークショップでは6班に分かれて、同市荒井のセントラルパークを視察。市創造館でパークの活用イベント案などを出し合った。同委員会の平賀裕子さん(54)は「今後も講演会やワークショップを重ねて、公園を中心に住民の暮らしが楽しくなる方法を考えたい」と話している。

関連記事

長野日報社

山間地の救助活動 諏訪広域消防本部が訓練

諏訪広域消防本部特別救助隊は17~19日、山間地での救助活動訓練を岡谷市郊外の鳥居平やまびこ公園で行っている。昨年、県内で発生した山岳遭難は297件で全国最多だったことから、山岳地帯での事故に...

豊川もりあげ隊が明石で田植え

 豊川市のNPO法人「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」はこのほど、11月23、24両日にご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin明石」が開催される兵庫県明石市で田植えを行った。米は...

紀伊民報社

300人がタイム競う 田辺で遠泳大会

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で16日、遠泳大会「第6回南紀田辺・扇ケ浜オープンウオータースイミング」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)があった。約300人が参加した。  しかし、高波の影響...

荘内日報社

DC本番 オール山形でおもてなし

 新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)推進協議会県推進部会(部会長・皆川治鶴岡市長)の本年度総会が17日、鶴岡市のグランドエル・サンで開かれた。昨年度に展開したJR東日本大型観光...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク