全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

公共空間の活用法探る 伊那で講演とWS

講演で国内外の公園改修の事例を説明する飯石さん

 伊那市の市民有志でつくる「伊那まちの再生やるじゃん会」セントラルパーク活用委員会は19日、街再生イベント「セントラルパークから明日のいなまちの暮らしを考えよう」を市創造館で行った。地域住民やまちづくりを学ぶ学生など約50人が参加。講演とワークショップで公共空間の活用方法を探った。

 同委員会が市協働のまちづくり交付金を活用し初めて開いた。2日間の日程の2日目で、講演は遊休化した公共施設や公園の活用をマッチングする公共R不動産コーディネーターの飯石藍さん(36)=東京都=が「住み続けたくなる街をみんなで育てる」と題して話した。

 飯石さんは、「浮浪者や薬物の売人がたむろしていたニューヨークの公園が、改修で市民が集う憩いの場になった」などと、国内外の公園のリノベーション(改修)の事例を紹介。誰も利用していない公園や、禁止事項が多く使い勝手が悪い公園が国内にも点在しているとして、官民協働での公共空間づくりの重要性を説いた。飯石さんは「公園は住民のもの。住民の居場所になれば公園や地域に愛着も生まれる。越えなければならないハードルもあるが、まずは行動につなげることが大切」と呼び掛けていた。

 ワークショップでは6班に分かれて、同市荒井のセントラルパークを視察。市創造館でパークの活用イベント案などを出し合った。同委員会の平賀裕子さん(54)は「今後も講演会やワークショップを重ねて、公園を中心に住民の暮らしが楽しくなる方法を考えたい」と話している。

関連記事

紀伊民報社

避難所でもコロナ感染防止策を

 和歌山県は、災害時の避難所の在り方について、新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた対応の流れ「避難所運営チャート」を示した。避難者ごとの間隔を確保したり、感染者が出れば適切に隔離したりする内容...

荘内日報社

庄内スマートテロワール活動推進― 庄農高生、ラーメン・パン店オーナーら収穫..

 庄内産の小麦が3日、鶴岡市羽黒地域の麦畑で刈り取られた。地産地消を目指す「庄内スマートテロワール」の活動を進める山形大農学部の呼び掛けに応じるように庄内農業高の教師・生徒、酒田のラーメン店、鶴岡の...

宇部日報社

常盤公園にハートの形の切り口のヤマザクラ

 宇部市の常盤公園「あじさい苑」に、ハート形の枝の切り口が潜んでいる。見つけた来場者からは「恋がかなうかも」「幸せになれるかも」と評判になっている。    約160センチの高さにあり、切り口は縦...

水素充填車 公開 動物園にも配達 鹿追実証事業

 鹿追町を拠点に行われている水素普及に向けた実証事業で、今年度導入する「簡易型水素充填(じゅうてん)車」が3日、町環境保全センターで公開された。9月から運用開始し、燃料電池(FC)フォークリフトや...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク