全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

コーヒー産地化へ連携 生産者と関西の業者、観光農業も検討 鹿児島県徳之島

コーヒー豆収穫を体験する視察団の一行ら=19日、鹿児島県徳之島の伊仙町伊仙

 関西圏でコーヒー業界に従事する一行が18日から、鹿児島県徳之島産コーヒーの現地視察で来島している。19日は栽培農家の園地を訪問。品種や栽培管理など徳之島産コーヒーの特徴に理解を深め、ブランド産地化や観光資源化に向けて業界と生産者が連携して取り組むことを確認した。  視察は伊仙町地域おこし協力隊員で、島内でコーヒー栽培に取り組む宮出博史さん(42)が昨春まで大阪府でカフェやコーヒー豆の焙煎業を営んでいた縁で、カフェプロデューサーの石田謙介さん(44)=大阪府豊中市=が企画。コーヒーを入れるバリスタやコーヒー豆卸業者など11人が来島した。  一行は19日、宮出さんと徳之島コーヒー生産者会の吉玉誠一会長のほ場を視察。台風被害に負けない園地づくりや栽培工程などを確認したほか、コーヒー豆の収穫や苗の植え付けも体験した。20日は宮出さんが企画したコーヒーの花や葉、果肉などを使ったジェラートを試食し、6次産業化の可能性を探る。  宮出さんは徳之島コーヒーを島内で流通・消費させ、観光客を呼び込む構想を思い描いている。「徳之島でしか飲めないコーヒーができれば、多くの人が来島する。安定供給と品質管理の徹底などブランド産地化に取り組みながら、収穫体験を楽しめる観光農業や6次産業化など、観光客をリピートさせる仕組みづくりを進めたい」と意気込む。  石田さんは「コーヒーに対する生産者の思いをお客さんに伝えるのがコーヒー業界の仕事。今後も定期的に視察を行い、情報発信などを通じて徳之島コーヒーをPRしていきたい」と話した。

関連記事

長野日報社

関東甲信 過去最速梅雨明け 諏訪地方もスッキリ青空 長野県

気象庁は27日、長野県を含む関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。1951年の統計開始以来最も早く、平年より22日、昨年より19日早い。梅雨明けまでの期間は21日と過去最短だった。 ...

紀伊民報社

「野球始めるきっかけに」 元阪神・濱中さんが教室

 田辺市出身で元プロ野球選手の濱中治さん(43)が25日、和歌山県上富田町朝来の上富田スポーツセンターで野球教室を開いた。  濱中さんは5月、野球独立リーグ「和歌山ファイティングバーズ」のゼネラ...

荘内日報社

女子プロレス・ディアナ庄内大会 同郷の井上選手らとタッグ戦

佐藤選手 古里・庄内町で凱旋試合  庄内町余目出身の女子プロレスラー・佐藤綾子選手(36)の凱旋(がいせん)興行「ワールド女子プロレス・ディアナ庄内大会」が25日、同町総合体育館で行われた。メインイベ...

厚真神社お披露目 復旧した姿に笑顔 鎮守の杜マルシェ

胆振東部地震で社務所や鳥居などが大きな被害を受けた厚真神社の復旧をお披露目するイベント「鎮守の杜(もり)マルシェ」が24、25両日、同神社で開かれた。神事の茅の輪くぐりや手水舎(ちょうずや)に花々...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク