全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

二ツ井後援会が元豪風関の慰労会

元豪風の押尾川親方を囲み、約17年間の現役力士としての功績をたたえた慰労会

 先場所で現役引退した大相撲元関脇・豪風の押尾川親方(39)=本名・成田旭、北秋田市出身=の慰労会が18日夜、能代市二ツ井町三千苅の居酒屋くつろぎで開かれた。市内外のファン約50人が約17年間の功績や健闘をたたえながら、〝第2の相撲人生〟にエールを送った。慰労会は、親方の父親の出身地、旧二ツ井町民有志らで組織する豪風後援会くつろぎ友の会(秋林敏雄会長)の主催。会場に押尾川親方が到着すると、大きな拍手が送られた。

 あいさつに立った秋林会長は「幕下格付け出し15枚目でのデビューから約17年間。その間の1430番の取組は一番とも見逃したことない。さまざまな名勝負が頭をよぎっている」と述べ、技巧派・豪風の功績を紹介。東京・両国国技館での初場所については「会員9人で生で応援したが、最後の一番になるとは思わなかった。取組後に関取と食事をし、現役豪風の残りわずかな貴重な時間を過ごせたことが一生の思い出」と語った。
 その上で「もうすぐ春場所が始まる。豪風の姿が見られないのは寂しい限りだが、今度は解説者として豪風節が聞こえてくるのでは。17年間楽しませてくれて本当にありがとう。立派な力士でした。長い間お疲れさまでした」と時折声を詰まらせながら労をねぎらった。
 押尾川親方は「語り尽くせないほど思い出や感謝の気持ち、うれしかったこと悔しかったことがたくさんある。17年間、現役力士でいられたのも温かい激励があったからこそ。今後は精神的にも肉体的にも強く、勝負にも強い力士を指導し、育てていきたい。私の相撲道はこれから。今後は押尾川ストーリーを皆さんと歩んでいきたい」と力強く語り、改めてこれまでの応援に感謝の意を表した。
 花束贈呈や鏡開きも行われ、成田三男副会長の発声で乾杯。参加者は郷土力士として多くの県民に愛され、角界の盛り上がりにも貢献した元豪風関をたたえながら、さらなる飛躍に期待した。
 秋林会長によると、後援会は近く発展的解散し、今後は押尾川親方を支援する新たな組織の在り方を模索していくという。
 押尾川親方は金足農高から中央大に進み、4年生の時に学生横綱に輝き、角界入り。14年5月場所で幕下15枚目格付け出しで初土俵を踏み、2場所で十両に昇進すると、持ち前の突き押し相撲で入幕、長年幕内力士として活躍した。20年3月場所に小結、26年9月場所では関脇に昇進。35歳2カ月での関脇昇進は戦後最年長記録となった。

関連記事

感謝の思い胸に 小学校卒業式 帯広

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

宇部日報社

県立美術館で扇の特別展

 県立美術館の特別展「扇の国、日本」が、山口市亀山町の同館で開かれている。日常的に使用された紙の扇をはじめ、扇をモチーフとしたびょうぶや器、ふすま絵など、中世の作品を中心に約160点を並べている...

長野日報社

甲信の縄文“魅力発信” 茅野で初フェス

 八ケ岳周辺がエリアの日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」の活用に取り組む甲信縄文文化発信・活性化協議会は21日、初の「甲信縄文フェスティバル」を茅野市の茅野市民館で開いた。日本遺産を構成する...

人気の竹島水族館で年間入館者45万人突破

3組の親子に幸運  蒲郡市竹島水族館の年間入館者数が21日、45万人を突破した。今年度は1978(昭和53)年度に統計を初めて以来最多のペース。45万人目の親子にプレゼントを贈った小林龍二館長は「来館し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク