全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

弾ける笑顔 あふれる涙

合格を喜び抱き合う受験生=時習館高校で

 県内の公立高校で19日、2018(平成30)年度一般入試の合格発表があった。合格者は全日制の4万2991人。東三河の高校でも、受験生が喜び合う姿が見られ、これから始まる高校生活へ期待に胸を膨らませた。  一般入試は今月、A・Bグループで行われ、4万6412人が志願した。  午前10時、各校で一斉に合格者の受験番号が貼り出された。定員320人に対して441人が志願した県内有数の進学校、時習館高校では、受験生が合格と分かると号泣したり、友人と抱き合ったりしながら歓喜に沸いた。 豊橋市立羽田中学3年の白井佑奈さん(15)は「1年生から志望していた学校に合格できるなんて夢みたい。諦めろと言われても頑張ってきて良かった。高校でも外科医を目指して頑張ります」と喜んだ。  新城と新城東の両校では、19年度に統合校「新城有教館高校」が開校することから、今回がそれぞれ単独校での最後の合格発表となった。  新城東高校に合格した新城市立鳳来中学の丸山航矢君(15)は「最後の新城東高生としてしっかり締めくくることができるようにしたい。卒業して中学校の先生になりたい」、同校の松下正貴君(15)は「父と兄が新城東の卒業生。勉学に励んでいきたい」と意気込みを話した。

関連記事

年内開催を見送り アイスホッケー・アジアリーグ

 アジアリーグアイスホッケー(小林澄生チェアマン)は8日、新型コロナウイルス感染拡大の情勢を考慮し今秋開幕を予定していた2020~21シーズンの年内開催を見送ると発表した。新たに来年1月以降の開...

出身学生へパッション届け 徳之島町 ふるさと応援便第2弾

 鹿児島県徳之島町は8日から、新型コロナウイルスの感染拡大で帰省を自粛している同町出身の学生へ「ふるさと応援便」第2弾としてパッションフルーツの発送を開始した。町の担当者は「島の未来を担う学生に...

忠類ナウマンゾウ化石 足跡さらに発見を 現地事前調査

 幕別・忠類ナウマンゾウの発掘跡地で、今秋も実施される足跡化石発掘調査の打ち合わせが7日、現地で行われた。関係者が調査区域などを確認し、調査は10月19~22日、同26~28日の2回に分けて行うこ...

宇部日報社

山陽オート、久しぶりに観客入れレース

 山陽小野田市埴生の山陽オートレース場で、8日からGⅡ山陽王座防衛戦が始まった。新型コロナウイルスの感染対策として無観客でレースを開催してきたため、観客を入れてのレースは2月26日のGⅡ若獅子杯争...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク