全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

やさしい日本語学ぶ 市内居住の外国人と市民

 日本語が苦手な外国人にも伝わりやすい「やさしい日本語」を使って地域や日本人とのコミュニケーションを深める講座(県主催)が17日午後、石垣市役所第1会議室で行われ、市内に居住する外国人と市民がワークショップを通して多言語対応を学んだ。

 日本語の簡易表現で外国人とのコミュニケーションツールに期待されている、やさしい日本語は外国人へ情報をていねいに伝えるため考案。被災時に安否確認や避難情報を確認するなどの利用も兼ねており、暮らしのなかでも飛び交う難しい日本語を分かりやすく伝える手段として全国でも広がりを見せている。

 運営団体の沖縄NGOセンターは外国人移住者が市内で体験した「言葉の壁」を紹介しながら、ワークショップでゲームや交流を通して会話の構造を簡単にすることや漢字にかなを振るなど、日本語に不慣れな外国人に対する表現方法を紹介した。

 同センターで講師を務めた安里千早さんは「やさしい日本語には簡単、親切な意味がある。日本語の伝え方はいろいろあるが、難しく考えずに分かりやすく伝えてほしい」と呼び掛けた。

関連記事

紀伊民報社

巨大な落石防護柵 地滑りの兆候で対策

 地滑りの兆候が確認されている和歌山県田辺市上秋津の奇絶峡に、高さ5・5メートル、延長約150メートルの落石防護柵が設置された。柵の上60メートルの所にある直径約3メートルの巨石が転落しても止め...

漂着ごみ186キロ収集 龍北中生らリサーチきょら活動 龍郷町

 鹿児島県奄美大島龍郷町の龍北中学校(山縣祥美校長、生徒7人)と奄美海上保安部は23日、同町の嘉渡海岸で漂着ごみを調査する「リサーチきょら活動」を実施した。生徒たちは教諭9人、海保職員4人と共に...

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット 音更

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

宇部日報社

児童がカヌー体験、小野湖で自然満喫

 小野小(河口龍裕校長)の3~6年生14人が22、23の両日、小野湖でカヌーを体験した。20年以上続く恒例行事で、2日目はアクトビレッジおのまで約2㌔の行程を往復。パドルの動かし方を確認しながら...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク