全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

新土産で釧路盛り上げ/市民団体「クスろ」

新土産で釧路盛り上げ/市民団体「クスろ」

 釧路のヒトとモノの魅力を、ユーモアを交えて発信する市民団体「クスろ」(須藤か志こ代表)が今冬、新たに商品化した「クスろのおふざけキーホルダー」が好評を博している。クラウドファンディングプラットホームを利用して販売したところ、わずか2日間で目標額30万円に到達し、さらに売れ行きを伸ばしている。

 おふざけキーホルダーは、クスろの会員が〝まじめにふざけて〟を合言葉に制作した「タンチョウ」「砂糖つきフレンチドッグ」「STATION DINER 946」の3種類のラバーキーホルダー。釧路市民や出身者にとっては懐かしく、あまり釧路を知らない人にとっては「何だろう?」と興味を引くデザインに仕上がっている。大きさは5㌢四方で、ハンドバッグや財布、携帯電話、スマートフォンのアクセサリーにも適している。3種類1セットで3000円。

 クスろによると、クラウドファンデイングプラットホーム「CAMPFIRE」を利用して3日から販売したところ、全国各地から購入希望者が殺到し、46時間で目標額に達した。その後も堅調で、18日現在の支援総額は47万3500円に達している。須藤代表は「全国に釧路を応援したい人、関心がある人がたくさんいることを再認識した。第2弾、第3弾の新土産を開発して、勝手に釧路を盛り上げたい」と話している。

 15日には須藤代表らが釧路市役所を表敬訪問し、おふざけキーホルダーについて、蝦名大也釧路市長に報告するとともに、市民活動への理解と協力を求めた。蝦名市長は同キーホルダーを手にとり、若者たちの柔軟な発想に感心しながら「釧路のいいところを、どんどん紹介していってほしい」と激励した。問い合わせは、クスろが運営するホームページ「クスろ港」へ。

関連記事

最後の豊川手筒まつり

 今年で最後を迎えた豊川市民まつり「第32回豊川手筒まつり」が24日夜、豊川市野球場で開催された。  午後6時から約3時間、全39ステージで市内の13連区による約400本の手筒煙火や、企業・団体によ...

荘内日報社

旧「ホテル雷屋」解体へ

 鶴岡市は23日、廃業後約12年間にわたって放置されている同市の堅苔沢地区の沿岸にある7階建ての旧「ホテル雷屋」を、空家対策特別措置法に基づく略式代執行で解体する方針を明らかにした。老朽化で外壁や屋上の...

紀伊民報社

調理体験型カレーパン食堂

 大学生が経営する調理体験型のカレーパン食堂が26日、JR紀伊田辺駅前のミュージックカフェ「モミの木」を借りてオープンする。客にカレーや具材を生地に詰めてもらい、揚げたてを提供する。9月1日まで...

宇部日報社

山口市とJR西日本山口支社が9月からレノファのラッピング列車

 山口市とJR西日本山口支社は23日、サッカーJ2レノファ山口のマスコットキャラクター「レノ丸」と市の観光名所のイラストをあしらったラッピング列車を運行すると発表した。9月1日から山口線を中心に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク