全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

氷濤まつり閉幕。入場26万人 花火彩り、踊り締めくくる-支笏湖

子供たちがステージ上で音楽に合わせた踊りを楽しんだ=17日午後6時半ごろ、氷濤まつり会場

 2019千歳・支笏湖氷濤まつり(支笏湖まつり実行委主催)が17日、最終日を迎えた。ステージでは市内和太鼓団体によるいなせな演奏が聴衆を盛り上げ、ライトアップされた氷像の上空に咲いた花火が夜空を彩った。1月25日の開幕以来、期間中の入場者数は昨年より2万人多い26万人となった。

 冬の千歳を彩る41回目のロングランイベントのフィナーレを惜しむように大勢でにぎわった。ファイナルステージと銘打ち、清流長都太鼓、千舞泉美太鼓、千歳機甲太鼓、地元の支笏湖国際太鼓と同太鼓ジュニアがステージで演奏を繰り広げた。

 盛り上がりが最高潮を迎え、ステージ上で子供も大人も入り交じり、軽快な音楽に合わせてみんなで踊る一幕も見られた。

 最後の「冬の支笏湖・花火の世界」では、音楽に合わせて夜空を光の大輪が飾る演出があった。サザンオールスターズ「東京ビクトリー」のアップテンポな曲調に合わせて次々と打ち上げが続き、一青窈の「ハナミズキ」では、しっとりとしたバラードのリズムに合った花火でフィナーレとした。

 まつり実行委の福士國治委員長は「天候に恵まれ多くの人に来ていただいた。来年も新たな感動を与えられるような氷像を作りたい」と話していた。

関連記事

まちなか小劇場 息遣い間近に 「平原通り」こけら落とし満席 帯広

 帯広市中心部の商業ビル地下に誕生した民間の小劇場「平原通り小劇場」(西2南9)が15日、オープンした。こけら落とし公演には演劇ファンや関係者などが訪れ、昼・夜の部ともに全席完売と、好調な滑り...

数十年に一度開花 奄美大島でリュウゼツラン

 数十年に一度だけ咲くというリュウゼツランの花がこのほど、鹿児島県奄美大島の龍郷町にあるホテルカレッタで開花した。4メートル超の高さまで伸びた茎先に黄色い花を付けている。  場所はエントランス...

長野日報社

長野県中川村発「南信州レモン」 ブランド化図る取り組み開始

 マイヤーレモン栽培の県内先駆者で長野県中川村片桐南田島の矢澤義幸さん(56)が、住民有志と協力し、同村発で周辺の産地化を進め「南信州レモン」としてブランド化を図る取り組みを始めた。商標登録し統...

高校野球愛知大会 組み合わせ決まる

 28日に開幕する「第106回全国高校野球選手権愛知大会」(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の組み合わせ抽選会が15日、刈谷市総合文化センターであり、181校、173チームの組み合わせが決まった。開会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク