全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

名誉顧問に東尾修さん 女子硬式野球チーム和歌山レジーナ

女子硬式野球クラブチーム「和歌山レジーナ」の名誉顧問に就任した東尾修さん(右)と、川保麻弥監督=田辺市で

 和歌山県田辺市を拠点とする県内唯一の女子硬式野球クラブチーム「和歌山Regina(レジーナ)」の名誉顧問に元プロ野球の西武ライオンズ投手、東尾修さん(68)が就任。16日、田辺市を訪れ「できる限り応援していきたい」とあいさつした。

 「レジーナ」は設立3年目を迎えた今年、球団の名称を「和歌山ファイティングバーズNANA」から変更した。新しく理事長に米穀販売会社専務の田上雅人さん(48)=田辺市、球団代表に会社員の森脇章夫さん(46)=上富田町=が就任。元女子プロ野球選手の川保麻弥監督(34)は、3年前に埼玉県から田辺市へ移住した後、箕島高校(有田市)出身の東尾さんと知り合い、選手を指導してもらうなど交流を深めた。新体制のスタートに当たって東尾さんに名誉顧問を依頼したという。
 東尾さんは西武のエースとして通算251勝を挙げ、西武の監督として2度リーグを制覇した。現在は野球解説者を務める。16日は田辺市内で会見し「最初は県内に女子の硬式クラブチームがあることすら知らなかったが、皆さんの熱い思いを知り、田辺で頑張る姿を見て応援したいと思った。自分も広報の役割はできると思う」と述べた。
 会見の後には、今季からレジーナに入団する予定の小学生や、中高生の選手に投打の基本を指導した。今後も不定期で指導するという。
 智弁和歌山高校出身で中日ドラゴンズ岡田俊哉投手の妹で、レジーナに入団する未来さん(12)=御坊市御坊小学校6年=は「女子だけのチームで野球がしたかった。球が速くて投げ方がきれいな兄のようなピッチャーになりたい。東尾さんに投げ方を褒められてうれしかった」と話した。

中学生チームも発足

 レジーナは今季、中学生から40代まで約20人の選手でスタートし、ユニホームもこれまでの紺とえんじ色から赤色に一新する。昨年に続いて全国大会に出場し、上位入賞することが目標。中学生が増えたため、4月からは県内初の女子中学生硬式野球チームも発足させる。
 川保監督は「東尾さんには女子野球の環境を整えようという活動に賛同していただき心強い限り。選手の指導だけでなく監督としての指導も受け、レベルアップしたい」と話している。

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

選手700人鉄人レース トライアスロン大会 長野県諏訪6市町村

 長野県諏訪6市町村を巡るスワコエイトピークスミドルトライアスロン大会2022(県、諏訪6市町村、商工会議所・商工会、長野日報社、日本トライアスロン連合でつくる実行委員会主催)は25日、諏訪湖畔...

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク