全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

家がない! 工事関係者増で賃貸不足 奄美市、異動シーズン危惧の声

賃貸の空き物件不足が深刻となっている奄美市名瀬=2019年1月撮影

 異動シーズンを前に、鹿児島県奄美市名瀬市街地の賃貸物件に空室がない事態が起きている。背景には奄美市新庁舎や、3月に完了予定の陸上自衛隊の駐屯地建設など、地域外労働者の宿舎不足が影響しているとみられている。島外から通勤することができない地理的制約がある奄美だけに、島への転勤者には切実な問題となっている。

 奄美市内の不動産業者によると、賃貸物件の満室状態は昨年ごろから。工事建設に当たる地域外労働者は奄美市庁舎新築工事だけで延べ約9千人に上り、陸上自衛隊の駐屯地や官舎の建設工事も含めると相当数の宿泊施設が不足しているとみられている。ある不動産業者は「工事関係者で一軒家を4~5人で共有したり、ワンルームタイプの賃貸物件も間仕切りして複数人で使用しているのが現状」と話す。

 陸上自衛隊によると、2月下旬に約千人規模の隊員が随時官舎への入居を始める予定。官舎に入居できない隊員の家族のための物件も相当数借り上げられているのも賃貸物件不足の一因とみられる。 

 業界関係者によると、通常、退去申請が出るのは例年異動時期の2月~3月。しかし、奄美への転勤を見込む島外の顧客は、すでにインターネットやファクスで情報を取り寄せ、間取図のみでも契約を結ぶため、島内にいても内覧することすら困難な状況。「賃貸物件は刻一刻と情報が変化する。入居希望者はこまめに不動産業者に確認を入れ、希望に沿う物件が空き次第即契約するよう、予約を入れておくことをお勧めする」と話す。

 3月下旬に異動を発表する県では官舎を利用することのできない一部職員のために、民間の物件を手配することもあるが、「今年の奄美市街地の民間物件の確保は相当厳しいとみている。当該職員には市街地外の物件を紹介することも検討している」(県大島支庁)と話す。

 県宅地建物取引業協会奄美支部の師玉俊朗支部長は「ここ数十年でこんな状態は初めて。経済活動が活発になることは喜ばしいが、動向が落ち着いたときにどれだけ空室が出るのかが心配だ」と話している。

関連記事

感謝の思い胸に 小学校卒業式 帯広

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

宇部日報社

県立美術館で扇の特別展

 県立美術館の特別展「扇の国、日本」が、山口市亀山町の同館で開かれている。日常的に使用された紙の扇をはじめ、扇をモチーフとしたびょうぶや器、ふすま絵など、中世の作品を中心に約160点を並べている...

長野日報社

甲信の縄文“魅力発信” 茅野で初フェス

 八ケ岳周辺がエリアの日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」の活用に取り組む甲信縄文文化発信・活性化協議会は21日、初の「甲信縄文フェスティバル」を茅野市の茅野市民館で開いた。日本遺産を構成する...

人気の竹島水族館で年間入館者45万人突破

3組の親子に幸運  蒲郡市竹島水族館の年間入館者数が21日、45万人を突破した。今年度は1978(昭和53)年度に統計を初めて以来最多のペース。45万人目の親子にプレゼントを贈った小林龍二館長は「来館し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク