全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

家がない! 工事関係者増で賃貸不足 奄美市、異動シーズン危惧の声

賃貸の空き物件不足が深刻となっている奄美市名瀬=2019年1月撮影

 異動シーズンを前に、鹿児島県奄美市名瀬市街地の賃貸物件に空室がない事態が起きている。背景には奄美市新庁舎や、3月に完了予定の陸上自衛隊の駐屯地建設など、地域外労働者の宿舎不足が影響しているとみられている。島外から通勤することができない地理的制約がある奄美だけに、島への転勤者には切実な問題となっている。

 奄美市内の不動産業者によると、賃貸物件の満室状態は昨年ごろから。工事建設に当たる地域外労働者は奄美市庁舎新築工事だけで延べ約9千人に上り、陸上自衛隊の駐屯地や官舎の建設工事も含めると相当数の宿泊施設が不足しているとみられている。ある不動産業者は「工事関係者で一軒家を4~5人で共有したり、ワンルームタイプの賃貸物件も間仕切りして複数人で使用しているのが現状」と話す。

 陸上自衛隊によると、2月下旬に約千人規模の隊員が随時官舎への入居を始める予定。官舎に入居できない隊員の家族のための物件も相当数借り上げられているのも賃貸物件不足の一因とみられる。 

 業界関係者によると、通常、退去申請が出るのは例年異動時期の2月~3月。しかし、奄美への転勤を見込む島外の顧客は、すでにインターネットやファクスで情報を取り寄せ、間取図のみでも契約を結ぶため、島内にいても内覧することすら困難な状況。「賃貸物件は刻一刻と情報が変化する。入居希望者はこまめに不動産業者に確認を入れ、希望に沿う物件が空き次第即契約するよう、予約を入れておくことをお勧めする」と話す。

 3月下旬に異動を発表する県では官舎を利用することのできない一部職員のために、民間の物件を手配することもあるが、「今年の奄美市街地の民間物件の確保は相当厳しいとみている。当該職員には市街地外の物件を紹介することも検討している」(県大島支庁)と話す。

 県宅地建物取引業協会奄美支部の師玉俊朗支部長は「ここ数十年でこんな状態は初めて。経済活動が活発になることは喜ばしいが、動向が落ち着いたときにどれだけ空室が出るのかが心配だ」と話している。

関連記事

黄金色に輝く稲穂 超早場米の収穫始まる

 県内有数の米どころ石垣島で超早場米(1期米)の収穫が始まっている。石垣市新川平田原では22日午前、市内新川の水稲農家・山根政人さん(45)が黄金色に実った稲穂の収穫に汗を流していた。収穫した米は...

長野日報社

地域住民とみそ造り 茅野市玉川保育園

 茅野市玉川保育園の園児は21日、地域住民とともに恒例のみそ造りを同園で行った。地域交流「コスモスの会」の活動で、園児たちは地域の人たちと手づくりの伝統製法を体験し、楽しく交流を深めた。  原...

豊橋で外食産業展が開幕

 食の祭典「第26回東三河外食産業展示会2019」(東愛知新聞社など後援)が22日、豊橋市神野新田町のホテルシーパレスリゾート室内テニス場を会場に始まった。外食関連の約120社がブースを出し、業務用...

荘内日報社

「酒田のうわさプロジェクト」本格的スタート

 10月にスタートする観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」に向け、酒田の街を楽しい「うわさ」で埋め尽くす「酒田のうわさプロジェクト」が本格的に始まった。青森県八戸...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク