全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

自慢のそり 幕別・忠類快走

ユニークなそりが滑走し、会場を沸かせた大会(大江病院50周年記念号)

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大きな歓声が上がった。

 冬の十勝を彩る恒例イベント。開会式では加藤茂樹実行委員長が「自然と戯れる楽しさ、そり作りは親子や仲間の絆を深めてくれる。未来の宝となる子どもたちが、この先もつなげてくれると信じている」とあいさつ。飯田晴義町長が祝辞を述べた。

 競技では段ボールで作られたそりが速さと出来栄えを競い、約150メートルの特設コースを滑走した。テニスの「大坂なおみ」に扮(ふん)した参加者や、ジンギスカンを囲む地ビールなどユニークなそりが次々と登場し、ゴールを目指した。

 古風な馬車風のそりで7年連続の出場を果たした山田洋さん(48)=芽室=は「昨年と構造を変え、そりの強度が心配だったが、壊れずに完走できて大満足」と笑顔を見せた。

関連記事

紀伊民報社

「和」の催しで街中活性化  田辺市「ときわ通り」

 和歌山県田辺市新屋敷町の「ときわ通り」で17日、「和」をテーマにした催し「ときわ通りひなまつり第二巻」(田辺まちなか春祭り実行委員会主催)があり、和服姿の人たちや親子連れらでにぎわった。  街...

初心者が三線学ぶ 石垣青少年の家

 三線に慣れ親しんでもらおうと、県立石垣青少年の家(新﨑善國所長)は17日午前、初心者三線教室を開始した。石垣市内から11人が参加、三線の持ち方から始め、全3回の日程を通して「新安里屋ユンタ」の演奏...

法要料理「菜飯」を調理 八重山の味つたえ隊

 八重山の伝統料理を後世に継承しようと取り組んでいる八重山の味つたえ隊(池村多喜美隊長、10人)は12日、石垣市登野城のまるたか農園で料理教室を開き、八重山で25回忌や33回忌法要の際に作る「菜飯(さい...

紀伊民報社

灯籠300個河原彩る 観燈祭で撮影会

 和歌山県田辺市龍神村の龍神温泉で、温泉街を灯籠で彩る「観燈祭」が開かれている。17日まで。  冬季に観光客を呼び込もうと龍神観光協会が催す恒例イベント。期間中、龍神温泉街のほか、村内の民宿や飲...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク