全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

自慢のそり 幕別・忠類快走

ユニークなそりが滑走し、会場を沸かせた大会(大江病院50周年記念号)

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大きな歓声が上がった。

 冬の十勝を彩る恒例イベント。開会式では加藤茂樹実行委員長が「自然と戯れる楽しさ、そり作りは親子や仲間の絆を深めてくれる。未来の宝となる子どもたちが、この先もつなげてくれると信じている」とあいさつ。飯田晴義町長が祝辞を述べた。

 競技では段ボールで作られたそりが速さと出来栄えを競い、約150メートルの特設コースを滑走した。テニスの「大坂なおみ」に扮(ふん)した参加者や、ジンギスカンを囲む地ビールなどユニークなそりが次々と登場し、ゴールを目指した。

 古風な馬車風のそりで7年連続の出場を果たした山田洋さん(48)=芽室=は「昨年と構造を変え、そりの強度が心配だったが、壊れずに完走できて大満足」と笑顔を見せた。

関連記事

ひまわり迷路 笑顔咲く 本別

 「十勝ほんべつ ひまわり迷路2019」(実行委、前田農産食品主催)が20日、本別町弥生町のほ場で開幕した。大勢の親子連れらが訪れ、総延長約2キロの巨大迷路に歓声を響かせた。28日まで。  ...

19石垣港みなとまつり 海辺のイベント満喫 旧離島桟橋にぎわう

 石垣港の役割をPRする2019石垣港みなとまつり同実行委員会主催が「海の日」の15日、旧離島桟橋周辺と石垣港離島ターミナルで開かれ、大勢の家族連れや観光客らが生き物に触れられるタッチプール、小型...

躍動感あふれる舞踊披露 八重農郷芸が壮行公演 30日から 全国大会へ

 第43回全国高等学校総合文化祭「2019さが総文」(文化庁など主催)に沖縄県代表として出場する八重山農林高校郷土芸能部(新城愛結部長)は6日夕、石垣市民会館大ホールで記念壮行公演を行い、部員28人...

チームラボ帯広 準備OK 6日開幕

 体験型のデジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」は6日、道立帯広美術館(帯広市緑ケ丘2)で開幕する。会場設営も完了し、5日はスタッフへの説明や関係者を対象に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク