全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

将来のまちづくり提案 児童生徒が意見交わす 石垣市民憲章推進協議会

会議ファシリテーター普及協会石垣支部のアドバイスを受けながら、ワークショップで住みよい街づくりを考える児童と生徒ら=16日午後、市健康福祉センター視聴覚室

 石垣市内の子どもたちが住みよい街づくりを考えるワークショップ(石垣市民憲章推進協議会主催)が16日午後、石垣市健康福祉センター視聴覚室で開かれ、平真小学校の児童と石垣第二中学校の生徒計33人が「みんな一緒に市民憲章運動」をテーマに個性豊かな街づくりの意見を出し合った。提案されたまちづくりはパネルにまとめて近日中に市役所ロビーで展示する。ワークショップの開催は2年ぶり3回目。

 児童、生徒らはグループに分かれて自由な意見で将来のまちづくりを提案。会議ファシリテーター普及協会石垣支部(鹿川保幸支部長)が子どもたちの考えをサポートしながら独自の視点と島に求められている施設などを列挙。出された意見は「障がい者用の点字ブロックの増設」、「自転車ロードの整備」、「大型遊園地の誘致」、「自然環境の構築」など。

 各グループは提案されたアイデアをまとめ、まちづくりの市民憲章運動として発表後、人気投票を行った。

 子どもたちによるワークショップは、市民憲章の普及とともに将来のまちづくりを担う子どもたちの人材育成を目的に開催。

 同協議会の浦内克雄会長は「市民憲章は42年前に市を明るく豊かに住みよい街にするため制定。皆さんの考えた意見を多くの市民に触れてほしい」と市の発展に期待した。

関連記事

紀伊民報社

巨大な落石防護柵 地滑りの兆候で対策

 地滑りの兆候が確認されている和歌山県田辺市上秋津の奇絶峡に、高さ5・5メートル、延長約150メートルの落石防護柵が設置された。柵の上60メートルの所にある直径約3メートルの巨石が転落しても止め...

漂着ごみ186キロ収集 龍北中生らリサーチきょら活動 龍郷町

 鹿児島県奄美大島龍郷町の龍北中学校(山縣祥美校長、生徒7人)と奄美海上保安部は23日、同町の嘉渡海岸で漂着ごみを調査する「リサーチきょら活動」を実施した。生徒たちは教諭9人、海保職員4人と共に...

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット 音更

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

宇部日報社

児童がカヌー体験、小野湖で自然満喫

 小野小(河口龍裕校長)の3~6年生14人が22、23の両日、小野湖でカヌーを体験した。20年以上続く恒例行事で、2日目はアクトビレッジおのまで約2㌔の行程を往復。パドルの動かし方を確認しながら...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク