全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

笑いあり涙ありの熱演 酒田「黒森歌舞伎」ファン魅了

 酒田市黒森地区に280年以上前から伝わる農民歌舞伎「黒森歌舞伎」(県指定無形民俗文化財)が15日、地区の日枝神社境内の常設演舞場で奉納上演され、県内外の伝統芸能ファンらが笑いあり涙ありの時代絵巻を堪能した。同じ演目は17日(日)に同会場、来月3日(日)には酒田公演として同市の希望ホールでも行われる。

 江戸・享保年間(1716―35年)、村人のすさんだ生活に心を痛めた与作という村人が、勧善懲悪の教えを広めようと、若衆に芝居をさせたのが始まりといわれる。現在は地区住民による妻堂連中(冨樫久一座長)が受け継ぎ、毎年2月15、17日に「正月公演」として黒森・日枝神社で奉納上演している。屋外で鑑賞するため「雪中芝居」「寒中芝居」とも呼ばれる。

 この日は雪も降らず、穏やかな天候。正午から黒森小児童による少年歌舞伎「青砥稿花紅彩画」(通称・白浪五人男)の「稲瀬川勢揃いの場」に続き、午後1時から妻堂連中が19年ぶりとなる本狂言「ひらかな盛衰記」の「梶原館源太勘当の場」「福嶋松右エ門内同裏手船中」「同物見の松」の3幕を演じた。

 本狂言は源氏合戦の家臣たちを題材にしたもので、子を思う母の愛情や主君への忠義などさまざまな人間模様が、激しい立ち回りやコミカルな演技も交えて演じられた。観客たちは地酒や特製弁当などを飲み食いしながら、「よっ、待ってました」と声援を送るなど思い思いに楽しんでいた。

 途中、端役が、今年11月に黒森歌舞伎がポーランドで公演することを紹介すると、温かい応援の拍手が湧いた。

 17日も黒森・日枝神社で正午から少年歌舞伎、午後1時から本狂言が行われる。入場無料。一方、3月3日の酒田公演は正午から希望ホールで行われる。こちらは前売り500円、当日700円(未就学児は無料)。問い合わせは黒森コミュニティセンター=電0234(92)2255=へ。

熱い演技が観客を魅了した黒森歌舞伎の本狂言

関連記事

宇部日報社

小野小で梅もぎ 丸々とした実に歓声【宇部】

 小野小(河口龍裕校長、23人)で26日、梅もぎが行われた。全校児童が運動場や校舎裏の梅林で丸々と成長した実に歓声を上げながら収獲を楽しんだ。    同校の梅雨入り前の恒例行事として、40年以上...

10メートル空けてラン 総合体育館再開 帯広

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い休止していた、帯広市内の総合体育館(よつ葉アリーナ十勝)や道立美術館など多くの公共施設が26日、運営を再開した。  帯広市の施設でこの日再開したのは総合体...

釧路新聞社

飛沫防護具700個製作【釧路】

   釧路工業高等専門学校(小林幸夫校長)は、新型コロナウイルス感染症と最前線で戦う医療従事者に使ってもらおうと、飛(ひ)沫(まつ)防護具700個を自作し、釧路市内の医療機関などに寄贈する。すでに...

超早場米の収穫始まる 来月上旬ごろ販売開始

 県内有数の米どころ石垣島で超早場米の収穫が始まっている。25日午前、石垣市平得地底にある大道正信さん(52)の田んぼで一期米の稲刈りが行われた。新型コロナウイルスの影響で外出自粛生活が続き各世帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク