全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「伊那華のみそ娘」仕込み 伊那市東春近の女性組合

仕込み作業に取り組む伊那華のみそ娘加工組合の女性たち

 長野県伊那市東春近の農家女性でつくる「伊那華のみそ娘加工組合」のみその仕込みが15日から、JA上伊那みそ加工施設で始まった。地元産の原材料と昔ながらの製法にこだわった安心・安全のみそは好評で、今年も3月中旬ごろにかけて9トンを仕込む予定。11月まで熟成させ、市内外の小学校や保育園の給食用として提供するほか、A・コープ店などで販売する。

 同組合は女性の地域活性化の取り組みとして同JA生活部会の生活班員が中心となって立ち上げた組織で、発足して20年目。現在は11人が所属し、地元産の大豆「ギンレイ」とコシヒカリを使い、添加物を一切使わないみそ造りを続けている。

 雑菌の繁殖を防ぎ、みそをゆっくり発酵させて味に深みを出すため、毎年この時期に仕込みを開始。蒸した米に麹菌を混ぜて発酵させた麹を、蒸してすりつぶした大豆、あら塩と合わせてかき混ぜ、たるに詰め込んだ。たるは施設内の貯蔵室へ運び入れ、熟成。7月中旬ごろいったん貯蔵室から出して「天地返し」を行い、再び貯蔵室で寝かせる。

 北原典子組合長(70)は「昔ながらの製法により麹の甘みで大豆の風味を引き出す。安心・安全で素朴な味わいのおいしいみそが出来上がる」と話していた。

 同JAのプライベートブランド「伊那華のシリーズ」のみそとして、カップ入り(900グラム)と袋入り(1キログラム)があり、値段はともに800円(税別)。伊那市のふるさと納税の返礼品にもなっており、好評という。

関連記事

感謝の思い胸に 小学校卒業式 帯広

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

宇部日報社

県立美術館で扇の特別展

 県立美術館の特別展「扇の国、日本」が、山口市亀山町の同館で開かれている。日常的に使用された紙の扇をはじめ、扇をモチーフとしたびょうぶや器、ふすま絵など、中世の作品を中心に約160点を並べている...

長野日報社

甲信の縄文“魅力発信” 茅野で初フェス

 八ケ岳周辺がエリアの日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」の活用に取り組む甲信縄文文化発信・活性化協議会は21日、初の「甲信縄文フェスティバル」を茅野市の茅野市民館で開いた。日本遺産を構成する...

人気の竹島水族館で年間入館者45万人突破

3組の親子に幸運  蒲郡市竹島水族館の年間入館者数が21日、45万人を突破した。今年度は1978(昭和53)年度に統計を初めて以来最多のペース。45万人目の親子にプレゼントを贈った小林龍二館長は「来館し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク