全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

98歳の朗読ボランティアも「卒業」へ

6年生たちと記念写真に納まる藤本さん(19日午前9時、琴芝小で)

 山口県宇部市琴芝小の98歳の読み聞かせボランティア、藤本久子さん(宇部市宮地町)が、高齢を理由に活動から退くことになり、19日に同校で最後の読み聞かせを行った。あす学校を巣立つ6年生55人に、郷土に伝わる話を語り聞かせ、子どもたちと互いの「卒業」を祝い、ねぎらい合った。

 藤本さんは「子どもたちに、郷土の話をしてやりたい」と80歳の時に朗読講習を受けて活動を始め、同校では長年、6年生を担当。毎週木曜が活動日で、同居する三男の車で通ってきていた。市販の本をそのまま読むことはせず、子どもたちに分かりやすいように表現を直したり、自分の言葉を付け加えたりしたオリジナルのものを用意して語ってきた。

 最後の読み聞かせに選んだのは、霜降山が舞台の「城山の宝くらべ」。優しく包み込むような語り方、温かみのある方言を交えて宇部の昔話を伝えた。子どもたちから花束や色紙を受け取った藤本さんは、毛糸で編んできたたわしを全員に配り「みんなのおかげで楽しかったよ。元気でよく勉強してくださいね」とあいさつした。同校読み聞かせボランティアの山田みちる代表は「いつも前向きで勉強熱心な藤本さんを目標に、メンバーの輪を広げ、琴芝小の読み聞かせを充実させていきたい」と話した。

関連記事

第8回西表島人文化祭 島の魅力を再発見 展示や体験など満喫

 【西表】「文化力は島の力」をサブテーマとした「第8回西表島人(しまぴとぅ)文化祭」(西表島エコツーリズム協会主催)が14日、西表西部の中野わいわいホールで開かれ、販売、展示、体験型など30以上の...

長野日報社

相手の気持ちで「ものづくり」 諏訪市内小中学生がチャレンジショップ

諏訪市教育委員会は14日、市立11小中学校の児童生徒が同市の独自科目「相手意識に立つものづくり科」で作った品物を販売する「チャレンジショップ2019」を初めて市駅前交流テラスすわっチャオを会場に...

豊川市若者ボランティア振り返りの会

 豊川市は14日、若者にボランティアや市民活動への参加を促進するための体験講座「とよかわボラなび2019」の振り返りの会をプリオ(諏訪3)で開いた。  今年は16歳から25歳までの高校生や大学生、...

紀伊民報社

冬の海辺に黄色い花 キノクニシオギク

 和歌山県紀南の海辺で、キノクニシオギク(キク科)が黄色い花を咲かせている。県レッドデータブックで準絶滅危惧に分類されている。  紀伊半島に自生する野生のキクで、シオギクとイソギクの自然交雑群と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク