全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

熊野古道 外国人対応エリア拡大

外国人対応の取り組みについて話す田辺市熊野ツーリズムビューローのブラッド・トウルさん(右から3人目)=三重県熊野市で

 和歌山県の田辺市熊野ツーリズムビューローは、熊野古道中辺路で急増中の外国人観光客に、より長く古道歩きを楽しんでもらおうと、小辺路や大辺路、伊勢路でも受け入れ態勢強化に乗り出した。観光客の増加や長期滞在化で、地域経済の活性化につなげる狙いがある。

 ビューローは2006年から、中辺路で案内のローマ字表記や看板デザインの統一、観光関係者の外国人対応力強化に取り組んできた。多言語対応のガイドマップやウェブサイトなどを通じ情報発信にも力を入れている。そうした成果もあり、17年の田辺市の外国人宿泊客は約3万7千人。5年間で10倍以上増えた。
 ところが、外国人客からは「もっと長い距離を歩きたい」という要望も多いという。熊野古道の姉妹道、スペインのサンティアゴ巡礼道は約800キロある。熊野古道は中辺路の滝尻王子―熊野本宮大社が約38キロ、紀伊路・中辺路ルートを通しても約300キロにとどまる。小辺路(約70キロ)、大辺路(約120キロ)、伊勢路(約160キロ)といかにつなぐかが課題となっている。
 ビューローは昨年、奈良県十津川村と高野山―熊野本宮大社の小辺路を対象にしたガイドマップを作製。二次交通や荷物の搬送で不便はあるが、歩きやすい区間を紹介している。大辺路でもガイドマップ作りを進めている。
 今年に入り、三重県と県南部5市町で構成する「東紀州振興公社」と協力して、伊勢路の受け入れ態勢づくりも始めた。宿泊施設や飲食店、観光行政の担当者を対象に、外国人客受け入れ意識向上を図る研修会を開いている。
 同公社によると、三重県南部では伊勢志摩サミット(16年)以降、外国人客が徐々に増えている。今後、誘客を図り、満足度を高めるため、ビューローに協力を求めた。東紀州地域から熊野三山を周遊するモデルコースを盛り込んだ多言語のガイドマップも作りたいという。
 ビューロー事務局長の小川雅則さんは「紀伊半島全体で受け入れ態勢が整えば、長期滞在の旅行プランが提案できる。中辺路でのノウハウを惜しみなく提供し、広域の連携を進めたい」と話している。

関連記事

感謝の思い胸に 小学校卒業式 帯広

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

宇部日報社

県立美術館で扇の特別展

 県立美術館の特別展「扇の国、日本」が、山口市亀山町の同館で開かれている。日常的に使用された紙の扇をはじめ、扇をモチーフとしたびょうぶや器、ふすま絵など、中世の作品を中心に約160点を並べている...

長野日報社

甲信の縄文“魅力発信” 茅野で初フェス

 八ケ岳周辺がエリアの日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」の活用に取り組む甲信縄文文化発信・活性化協議会は21日、初の「甲信縄文フェスティバル」を茅野市の茅野市民館で開いた。日本遺産を構成する...

人気の竹島水族館で年間入館者45万人突破

3組の親子に幸運  蒲郡市竹島水族館の年間入館者数が21日、45万人を突破した。今年度は1978(昭和53)年度に統計を初めて以来最多のペース。45万人目の親子にプレゼントを贈った小林龍二館長は「来館し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク