全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

涅槃会前に「やしょうま」作り 諏訪市の地蔵寺

鮮やかな椿の断面が出来て、笑顔を見せる地蔵寺の婦人会員ら

釈迦の命日とされる15日の涅槃会を前に、長野県諏訪市岡村の地蔵寺の婦人会(芦沢フサ会長)は12日、米粉で作る郷土菓子「やしょうま」を同寺で作った。涅槃会の供物として北信地方を中心に県内で親しまれる餅菓子。会員や地域住民ら23人が参加し、米粉をゆでて練り上げた。春の訪れを感じる椿や桜の絵柄を金太郎飴の要領で作って仕上げた。

30年以上続く毎年恒例の行事。長年、同寺の篠崎紀久子さんの指導で作っていたが、新住職の就任に伴って今年度から篠原いそみさん(47)が引き継いだ。

米粉は約10キロをゆでて砂糖などを加えた。ヨモギやクチナシの実、コーヒーなどを混ぜて、緑や黄、茶色に着色。直径約1センチ、長さ約25センチの細い棒状にこね、50本以上重ねて桜や椿の絵柄に仕立てた。糸で切ると断面に鮮やかな絵柄が現れ、参加者は「上手」「きれいにできた」と思わず笑顔を見せた。さらに丸めて、直径約4センチまで伸ばして完成させた。

篠原いそみさんは「伝統を引き継いでいきたい。若い人にもぜひ参加してもらえたら」と話していた。完成したやしょうまは本尊に供えて法要した後、檀家に配るなどした。

関連記事

長野日報社

南箕輪村特産米 飲食店で”村産村消” 「金芽米の日」開始 長野県

長野県南箕輪村で14日、村特産の特別栽培米「風の村米だより」を飲食店で提供する「金芽米の日」が始まった。毎月第2、4金曜日を「金芽米の日」として消費拡大と認知度向上を図る取り組みで、村内の飲食...

長野日報社

地元産原料の麦焼酎、来春発売へ製品化 長野県飯島町の「水緑里七久保」

 多品目で農業生産を手掛ける長野県飯島町七久保の「水緑里七久保」は、自社栽培の六条大麦を原料にした麦焼酎の製品化事業に着手した。喜久水酒造(飯田市)に醸造を委託し、来春に発売する。同社創立20周...

貴重な白「ひろがる」12日発売 めむろワイナリー

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(中美生、尾藤光一代表)は12日から2023年ビンテージの白ワイン「ひろがる」(1本375ミリリットル、3300円)を84本限定で販売する。尾原基記醸造...

消費者へ“ツナグ”チーズ 芽室・大友牧場「ミルク感味わって」

 芽室町関山の大友牧場(大友詠吉代表)が、同牧場で搾った生乳を使いオリジナルのチーズ「ツナグ」を開発した。製造は新得町のチーズ工房「広内エゾリスの谷チーズ社」(寺尾智也代表)に委託した。大友代表は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク