全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

デッサンのこつ学ぶ 一村美術館で

受講生に描き方を説明する西さん(左)=17日、鹿児島県奄美市の田中一村記念美術館

 鹿児島県奄美市笠利町の田中一村記念美術館で17日、人物画講座が始まった。講師は鹿児島市在住の画家で二科会理事を務める西健吉さん(77)。14人が受講し、デッサンの基本や上手に描くこつを学んだ。18日まで。  講座は同美術館の創作体験教室の一環で水彩、油彩を学ぶ。絵のサイズは自由。受講者たちは椅子に腰掛けた女性モデルのデッサンに挑戦していた。  西さんは「モデルの体や椅子の傾きに注意して」などとデッサンでの注意点をアドバイス。「体重がどこにかかっているかが絵で分かるようにする」と人物の雰囲気を描くためのこつを説明した。  受講した奄美市名瀬の女性(81)は「小さい時から絵が好きで人物画ばかり描いている。尊敬する西先生から直接学べる機会はめったにない。2日間しっかり勉強したい」と話した。  西さんは「人物は最も身近な題材だが、モデルを描く機会は少ない。ポーズの描き方や空間構成について指導する」と講義の概要を説明し、「絵を描くことは最も手っ取り早い創作活動。自らの手で物をつくり出す楽しさを伝えたい」と話した。

関連記事

宇部日報社

「雲谷庵跡」のかやぶき屋根のふき替え作業

 室町時代に活躍した画僧、雪舟の工房があった山口市天花1丁目の市史跡「雲谷庵跡」のかやぶき屋根のふき替え作業が10日、始まった。岡山県早島町の職人2人が年内に仕上げる。改修後の公開は来年2月1日...

「ドラえもん」監督の八鍬新之介さん PTA大会で講演 幕別

 帯広市出身で「ドラえもん のび太の月面探査記」などを手掛けたアニメーション監督八鍬新之介さん(38)の講演会が8日、札内コミュニティプラザで開かれた。「映像を通して子どもたちに伝えたいこと」をテ...

101年ぶりの新種と判明 石垣島沖の深海で採取 15年飼育のイソギンチャク..

 沖縄美ら海水族館で約15年にわたり人知れず飼育されてきたイソギンチャクが新種「Synactinernus churaumi」だったと分かった。東京大学などの研究グループが10日付の日本動物学会の学会誌(電子版)に発表し...

釧路新聞社

管内初のマンホールカード【別海】

別海町は14日からマンホールのふたをデザインしたコレクションカード「マンホールカード」を発行する。同カード発行は根室管内では初。2000枚を用意し、役場庁舎で申請を受け、アンケート回答後に手渡す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク