全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋鬼祭「からかい」で最高潮

 国の重要無形民俗文化財に指定されている「豊橋鬼祭」の最大の呼び物「赤鬼と天狗のからかい」が11日、豊橋市八町通3の安久美神戸神明社で行われ、浴びると夏病みしないとされる白い粉のご利益を授かろうと境内は大勢の見物客でにぎわった。

 午後2時過ぎ、荒ぶる神の赤鬼と武神天狗が登場。赤鬼が交互に足を後ろに振り上げる独特のステップで参道を稲妻形に進み、ユニークな所作で天狗を挑発した。なぎなたを手に天狗も応戦、ユーモラスな攻防を繰り広げた。  最後は改心した赤鬼がわび土産の、白い粉とタンキリ飴(あめ)を豪快にまきながら参道を疾走。粉で全身が真っ白になった豊橋市立牛川小学校3年の渡辺正幸君(9)は「これだけ浴びたらすごい健康になると思う。飴は家族で食べたいです」と声を弾ませていた。  春を呼び込む奇祭とされる「豊橋鬼祭」は、田楽に日本建国の神話を取り入れ神事としたもので、五穀豊穣や無病息災などを願って行われる。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク