全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋鬼祭「からかい」で最高潮

 国の重要無形民俗文化財に指定されている「豊橋鬼祭」の最大の呼び物「赤鬼と天狗のからかい」が11日、豊橋市八町通3の安久美神戸神明社で行われ、浴びると夏病みしないとされる白い粉のご利益を授かろうと境内は大勢の見物客でにぎわった。

 午後2時過ぎ、荒ぶる神の赤鬼と武神天狗が登場。赤鬼が交互に足を後ろに振り上げる独特のステップで参道を稲妻形に進み、ユニークな所作で天狗を挑発した。なぎなたを手に天狗も応戦、ユーモラスな攻防を繰り広げた。  最後は改心した赤鬼がわび土産の、白い粉とタンキリ飴(あめ)を豪快にまきながら参道を疾走。粉で全身が真っ白になった豊橋市立牛川小学校3年の渡辺正幸君(9)は「これだけ浴びたらすごい健康になると思う。飴は家族で食べたいです」と声を弾ませていた。  春を呼び込む奇祭とされる「豊橋鬼祭」は、田楽に日本建国の神話を取り入れ神事としたもので、五穀豊穣や無病息災などを願って行われる。

関連記事

馬車BAR 夜の街 蹄の音に酔う 本運行を開始 帯広

 夜の帯広市内中心部を周遊する「馬車BAR」の本運行が、22日午後6時にスタートした。乗客は「パッカ、パッカ」という馬の蹄(ひづめ)の音を聞きながら、ビール片手に街の風景を楽しんだ。  十勝...

ミャークフツで思いはせ 歌や踊り、方言話で宮古一色 八重山在宮古郷友会

 第4回ユガイナミャークフツ(愉快な宮古方言)の夕べ(八重山在宮古郷友会主催)が21日夜、石垣市内のホテルで開催され、多くの郷友らが歌や踊り、方言話を通してルーツに思いをはせた。  宮古出身者と...

長野日報社

諏訪湖の竜宮丸 来年引退で27日から感謝イベント

亀の形で親しまれた諏訪湖の遊覧船「竜宮丸」(定員150人、77トン)が老朽化のため来年3月末で引退するのに伴い、運航事業者の諏訪湖観光汽船(諏訪市)は27日から感謝イベントを市湖岸通りの紅やマ...

田原に親子交流館

 渥美半島の玄関口、渥美線三河田原駅前の新たな交流拠点「LaLaGran(ララグラン)」で22日、親子交流館「すくっと」がオープンした。遊びや活動ができ、子育てに関する公共サービスを提供する場で、田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク