全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

稚内で石垣島をPR 市観光交流協会青年部

わっかない氷雪広場の来場者に石垣島のパンフレットを配布し観光地石垣島をPRした=9日午前、北防波堤ドーム公園

 石垣市観光交流協会青年部(請盛真実部長)は9日、石垣市と友好都市の北海道稚内市の北防波堤ドーム公園で開かれている2019わっかない氷雪広場(同実行委員会主催)に参加し、会場内で石垣島の特産品や、石垣島の観光パンフレットを配り最北端の地で石垣島をPRした。

 同イベントは子どもから大人まで楽しめる毎年恒例の冬のイベントで雪像展示や雪合戦大会、舞台でさまざまな催しを開催。地元だけでなく多くの観光客も来場する。石垣市の青年部では石垣市のPRや稚内観光協会青年部との交流、友好都市として関係を深める目的で昨年約10年ぶりに訪問、2年連続の参加となった。

 この日のオープニングセレモニーで請盛部長は「寒波の影響で足止めを受けたが何とか間に合いました」と、みんさーウエアとハッピを着てあいさつ。「新空港開港に伴い、観光業が発展。昨年は約138万人の観光客が訪れた。ダイビングや星空など石垣島の自然を見に来てください」と呼び掛けた。稚内市の工藤広市長は「例年にない寒さのなか遠い石垣島から来ていただいた。南と北一緒になって祭りを盛り上げましょう」と歓迎した。

 セレモニー後のもちまき大会では、石垣牛や八重山そばセットなどが当たる当選券入りの八重山のかまぼこの包みや、パンフレットを配布した。  祭りの後は、稚内観光協会青年部(出村賢志部長)と懇親会が開かれ観光に関する話題で交流を深めた。最終日の10日にも会場で石垣島の特産品、パンフレットを配布する。

関連記事

昔ながらの遊びなど体験 青少年の家まつり

 スポーツや昔ながらの多彩な遊びが体験できる「青少年の家まつり&遊びリンピック」(県立石垣青少年の家、県教育委員会主催)が17日、青少年の家で開かれ、家族連れを中心に730人(主催者発表)がイベン...

自慢のそり 幕別・忠類快走

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

紀伊民報社

福祉に関心を ふれあい文化祭

 和歌山県田辺市文里2丁目のガーデンホテルハナヨアリーナで16日、第25回ふれあい文化祭(実行委員会主催)が始まった。舞台発表や飲食物の販売などがあり、多くの人でにぎわっている。17日まで。  ...

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家 中札内

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク