全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

稚内で石垣島をPR 市観光交流協会青年部

わっかない氷雪広場の来場者に石垣島のパンフレットを配布し観光地石垣島をPRした=9日午前、北防波堤ドーム公園

 石垣市観光交流協会青年部(請盛真実部長)は9日、石垣市と友好都市の北海道稚内市の北防波堤ドーム公園で開かれている2019わっかない氷雪広場(同実行委員会主催)に参加し、会場内で石垣島の特産品や、石垣島の観光パンフレットを配り最北端の地で石垣島をPRした。

 同イベントは子どもから大人まで楽しめる毎年恒例の冬のイベントで雪像展示や雪合戦大会、舞台でさまざまな催しを開催。地元だけでなく多くの観光客も来場する。石垣市の青年部では石垣市のPRや稚内観光協会青年部との交流、友好都市として関係を深める目的で昨年約10年ぶりに訪問、2年連続の参加となった。

 この日のオープニングセレモニーで請盛部長は「寒波の影響で足止めを受けたが何とか間に合いました」と、みんさーウエアとハッピを着てあいさつ。「新空港開港に伴い、観光業が発展。昨年は約138万人の観光客が訪れた。ダイビングや星空など石垣島の自然を見に来てください」と呼び掛けた。稚内市の工藤広市長は「例年にない寒さのなか遠い石垣島から来ていただいた。南と北一緒になって祭りを盛り上げましょう」と歓迎した。

 セレモニー後のもちまき大会では、石垣牛や八重山そばセットなどが当たる当選券入りの八重山のかまぼこの包みや、パンフレットを配布した。  祭りの後は、稚内観光協会青年部(出村賢志部長)と懇親会が開かれ観光に関する話題で交流を深めた。最終日の10日にも会場で石垣島の特産品、パンフレットを配布する。

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

2年ぶり感謝の熱演 長野県中川村で人形浄瑠璃公演

 長野県中川村の中川人形保存会と村公民館は19日、第9回「中川人形浄瑠璃定期公演」を中川文化センターで開いた。演目は「三番叟」と「傾城阿波鳴門~順礼歌の段」を上演。会場に集まった約70人の観客を前...

北羽新報社

藤里町で3年ぶり「ブナの森マラソン」 白神山地の麓で健脚競う

 藤里町内の森林基幹道米代線(米代フォレストライン)を走る「第9回ブナの森マラソン」は19日行われ、県内外のランナー223人が緑深まる世界自然遺産白神山地の麓で健脚を競った。新型コロナウイルスの影響で3...

オビヒロホコテン3年ぶり活気 バトン、はしごで幕開け

 コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)は19日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午現在、帯広の気温は24.1度ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク