全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「大山新酒・酒蔵まつり」にぎわう

 鶴岡市大山地区で9日、恒例の「大山新酒・酒蔵まつり」が行われ、県内外から訪れた日本酒ファンが4つの蔵元を巡りながら自慢の新酒を心行くまで堪能した。

蔵元に入る列に並びながら乾杯を楽しむ参加者たち

 酒どころ大山のPRとともに地酒の消費拡大、地域振興や交流人口の増加につなげようと、実行委員会(遠藤武実行委員長)を組織して1996年から行っている。今年で24回目。

 この日は出羽商工会本所、つけもの処本長など各まつり会場では午前中から振る舞い酒が行われた。その後、正午から「出羽ノ雪」の渡會本店、「羽前白梅」の羽根田酒造、「大山」の加藤嘉八郎酒造、「栄光冨士」の冨士酒造の4つの蔵元が開放され、まつり会場で景気づけした友人グループや職場仲間、ツアー一行など大勢の左党が長い行列をつくった。大山コミュニティセンターでは4蔵元厳選の大吟醸・吟醸クラスの8種を飲み比べできるプレミアム企画も行われた。

 各蔵元では新酒の試飲や、その場で瓶詰めした新酒のほか、吟醸酒や純米酒など蔵元自慢の各種銘柄が販売された。断続的に雪が降る寒さの中、列に並ぶ人たちへ熱かんの振る舞いなども行われ、雪見酒の趣を楽しんでいた。

 山形市在住の両親と初めて訪れた東京都文京区の会社員、荒浪志保さん(28)は「大山出身の父親のDNAを受け継いでいるから大山の酒は古里の酒。どれもおいしいのでいろいろ飲みたい。造り手の思いも聞くことができ、大勢でわいわい飲む雰囲気も最高」と話していた。

蔵元自慢の酒を楽しむまつり客たち

     

関連記事

紀伊民報社

不登校の子持つ親支援 「親カフェ」

 子どもが不登校や不登校気味で悩む保護者を支援しようと、和歌山県上富田町の「かみとんだ女性議員の会」が20日、同町朝来の喫茶店「Rカフェ2」で、つながりや語り合いの場「親cafe(カフェ)」を開...

「ウマ娘」とコラボ 27日からデジタルスタンプラリー 苫観光協会

苫小牧観光協会はゴールデンウイーク期間中の27日から5月6日まで、人気ゲーム・アニメの「ウマ娘」と連携した初のイベント「市内周遊 出走! スタンプラリー」を実施する。ウマ娘の等身大パネルを市内の観...

荘内日報社

鼠ケ関「神輿流し」 豊漁と海上安全願う 満開の桜の下 春の伝統行事

 鶴岡市鼠ケ関の弁天島にある厳島神社の例大祭行事「神輿(みこし)流し」が15日、鼠ケ関地区内で行われた。神輿を担いだ白装束姿の若い男衆たちが地区内を練り歩いた後、鼠ケ関川に入り神輿に威勢よく水を掛け...

音更ハピオ30周年企画続々 豊西牛祭りやロゴトート

 音更町内のスーパー・ハピオは今年、開店30周年を迎える。記念事業として、企業とのコラボ商品やオリジナル商品を随時販売していく予定で、「特別感のある商品で日頃支えてもらっているお客さまに還元したい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク