全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

昔ながらの黒糖作り体験 伊仙・喜念小、新調サタグルマで 

新調したサタグルマを使ったキビ搾りを体験した児童ら=8日、伊仙町の喜念小

 鹿児島県伊仙町の喜念小学校(今村浩幸校長、児童27人)で8日、同校で収穫したサトウキビを使った黒糖作りがあった。保護者や地域住民らも参加。新調したサタグルマ(砂糖圧搾機)を使ったキビ搾りの体験もあり、児童たちは昔ながらの作り方を教わりながら郷土の伝統や農業を学び交流した。

 地域の伝統継承を目的とした恒例行事。児童らが同校の畑で収穫したキビに加えて、各家庭から持ち寄った原料を伊仙町農業支援センターで圧搾し、キビの搾り汁約100リットルを準備した。

 講師役には天城町与名間の平山製糖工場から平山五十六さん(42)を招いた。児童たちは3班に分かれて、搾り汁を大釜で煮詰める作業を体験。砂糖を固める石灰の量や釜から取り出すタイミングに注意しながら、黒糖作りに取り組んだ。

 同校のサタグルマは設置から約20年が経過して腐食が進んだことから、喜念集落が町の助成金を活用して本年度に改修した。森きみ子区長(68)は「黒糖作りは地域と学校の交流の場。行事が長く続いてほしい」と述べ、6年の男子児童(12)は「サタグルマが新しくなったおかげで去年より楽に動かせた。黒糖作りも楽しかった」と話した。

関連記事

長野日報社

赤砂崎公園に土俵完成 荒汐部屋諏訪湖後援会が整備 長野県下諏訪町

 大相撲の荒汐部屋(東京)を支援する諏訪地方の有志でつくる「荒汐部屋諏訪湖後援会」は、長野県下諏訪町で8月に実施予定の同部屋の夏合宿を前に、同町の赤砂崎公園に新しい土俵を整備した。22日に完成し...

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

子どもの夜間・休日診療オンラインで 7月に管内初導入 上士幌

 上士幌町は7月1日、実証実験として、東京の民間医療サービス会社と連携し、小児科の夜間・休日オンライン診療を始める。町によると、管内では初の取り組みで、「子どもを連れて移動する必要がないので、通院...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク