全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

昔ながらの黒糖作り体験 伊仙・喜念小、新調サタグルマで 

新調したサタグルマを使ったキビ搾りを体験した児童ら=8日、伊仙町の喜念小

 鹿児島県伊仙町の喜念小学校(今村浩幸校長、児童27人)で8日、同校で収穫したサトウキビを使った黒糖作りがあった。保護者や地域住民らも参加。新調したサタグルマ(砂糖圧搾機)を使ったキビ搾りの体験もあり、児童たちは昔ながらの作り方を教わりながら郷土の伝統や農業を学び交流した。

 地域の伝統継承を目的とした恒例行事。児童らが同校の畑で収穫したキビに加えて、各家庭から持ち寄った原料を伊仙町農業支援センターで圧搾し、キビの搾り汁約100リットルを準備した。

 講師役には天城町与名間の平山製糖工場から平山五十六さん(42)を招いた。児童たちは3班に分かれて、搾り汁を大釜で煮詰める作業を体験。砂糖を固める石灰の量や釜から取り出すタイミングに注意しながら、黒糖作りに取り組んだ。

 同校のサタグルマは設置から約20年が経過して腐食が進んだことから、喜念集落が町の助成金を活用して本年度に改修した。森きみ子区長(68)は「黒糖作りは地域と学校の交流の場。行事が長く続いてほしい」と述べ、6年の男子児童(12)は「サタグルマが新しくなったおかげで去年より楽に動かせた。黒糖作りも楽しかった」と話した。

関連記事

馬車BAR 夜の街 蹄の音に酔う 本運行を開始 帯広

 夜の帯広市内中心部を周遊する「馬車BAR」の本運行が、22日午後6時にスタートした。乗客は「パッカ、パッカ」という馬の蹄(ひづめ)の音を聞きながら、ビール片手に街の風景を楽しんだ。  十勝...

ミャークフツで思いはせ 歌や踊り、方言話で宮古一色 八重山在宮古郷友会

 第4回ユガイナミャークフツ(愉快な宮古方言)の夕べ(八重山在宮古郷友会主催)が21日夜、石垣市内のホテルで開催され、多くの郷友らが歌や踊り、方言話を通してルーツに思いをはせた。  宮古出身者と...

長野日報社

諏訪湖の竜宮丸 来年引退で27日から感謝イベント

亀の形で親しまれた諏訪湖の遊覧船「竜宮丸」(定員150人、77トン)が老朽化のため来年3月末で引退するのに伴い、運航事業者の諏訪湖観光汽船(諏訪市)は27日から感謝イベントを市湖岸通りの紅やマ...

田原に親子交流館

 渥美半島の玄関口、渥美線三河田原駅前の新たな交流拠点「LaLaGran(ララグラン)」で22日、親子交流館「すくっと」がオープンした。遊びや活動ができ、子育てに関する公共サービスを提供する場で、田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク