全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

好天に漂う梅の香り 南部梅林

家族連れでにぎわう南部梅林(10日、みなべ町晩稲で)

 天候に恵まれた3連休中日の10日、和歌山県みなべ町晩稲の南部梅林は多くの家族連れらでにぎわった。花は五分咲きで、ばらつきがあるが、満開に近い木もある。次の週末に見頃を迎えそうだ。
 世界農業遺産「みなべ・田辺の梅システム」の認定地で、約200ヘクタールに約9万本の梅が栽培されている。2日に開園した。
 運営する「梅の里観梅協会」(片山清範会長)によると、10日は午前中から多くの人が訪れた。開花状況は暖冬の影響で満開に近い木もあるが、まだ少ししか咲いていない木もある。梅林内の梅公園にある観賞用の花梅は見頃を迎えている。
 神戸市から夫と小学生の娘と訪れた医療事務の森彩果さん(29)は「3年前に初めて来た時に梅の花がきれいだったので、今年も家族で観賞したいなと思って足を運んだ。今日は天候も良く、花もきれい。帰りにお土産を買うのも楽しみ」と話した。
 南部梅林では3月3日までの期間中、土日曜と祝日にさまざまなイベントが開かれる。11日には午前10時~午後4時、梅料理や梅酒が味わえ、梅ジュース作り体験などができる「みなべ味わい祭り」や体を動かす「梅林エクササイズ」がある。イベントの詳細は「梅の里観梅協会」のフェイスブックページで発信している。
 片山会長(41)は「梅がようやく咲きそろってきて、お客さんも増えてきたので、今日から本格的にスタートという気持ち。土日曜や祝日にさまざまなイベントを企画しているので、ぜひ足を運んでください」と話している。

 9日に開園した田辺市上芳養の紀州石神田辺梅林は咲き始め。11日は午前11時から「梅花祭」が開かれ、午後2時から餅投げがある。

関連記事

長野日報社

裂き織りまとわせ雛作り みはらしファーム「草の家」で制作体験

長野県伊那市西箕輪のみはらしファーム内「草の家」で、「さき織り雛」の制作体験が行われている。訪れた人は工房スタッフに教わりながら、ギンナンの顔が付いた胴体に布と色彩豊かな裂き織りをまとわせて、...

長野日報社

薪火で冬キャン 22、29日に駒ケ根高原で日帰りイベント

中央アルプス山麓の駒ケ根高原12施設で構成する早太郎温泉事業協同組合(宇佐美宗夫理事長)は22、29日、閑散期の冬の誘客の新たな仕掛けとして「薪火」に着目した日帰りキャンプイベントを駒ケ根市の...

応援メッセージ入りロケ弁スタッフらに届く

蒲郡で撮影中の映画「ゾッキ」  蒲郡市内で連日行われている映画「ゾッキ」の撮影で提供されている弁当“ロケ弁”に、市民らが寄せたメッセージも添えられ、撮影スタッフらの心の支えとなっている。映...

春を告げる天下の奇祭「豊橋鬼祭」

赤鬼と天狗のからかい  豊橋市に春を告げる奇祭「豊橋鬼祭」(国重要無形民俗文化財)のハイライトである「赤鬼と天狗のからかい」が11日、同市八町通3の安久美神戸神明社であり、80年ぶりに新調され...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク