全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

好天に漂う梅の香り 南部梅林

家族連れでにぎわう南部梅林(10日、みなべ町晩稲で)

 天候に恵まれた3連休中日の10日、和歌山県みなべ町晩稲の南部梅林は多くの家族連れらでにぎわった。花は五分咲きで、ばらつきがあるが、満開に近い木もある。次の週末に見頃を迎えそうだ。
 世界農業遺産「みなべ・田辺の梅システム」の認定地で、約200ヘクタールに約9万本の梅が栽培されている。2日に開園した。
 運営する「梅の里観梅協会」(片山清範会長)によると、10日は午前中から多くの人が訪れた。開花状況は暖冬の影響で満開に近い木もあるが、まだ少ししか咲いていない木もある。梅林内の梅公園にある観賞用の花梅は見頃を迎えている。
 神戸市から夫と小学生の娘と訪れた医療事務の森彩果さん(29)は「3年前に初めて来た時に梅の花がきれいだったので、今年も家族で観賞したいなと思って足を運んだ。今日は天候も良く、花もきれい。帰りにお土産を買うのも楽しみ」と話した。
 南部梅林では3月3日までの期間中、土日曜と祝日にさまざまなイベントが開かれる。11日には午前10時~午後4時、梅料理や梅酒が味わえ、梅ジュース作り体験などができる「みなべ味わい祭り」や体を動かす「梅林エクササイズ」がある。イベントの詳細は「梅の里観梅協会」のフェイスブックページで発信している。
 片山会長(41)は「梅がようやく咲きそろってきて、お客さんも増えてきたので、今日から本格的にスタートという気持ち。土日曜や祝日にさまざまなイベントを企画しているので、ぜひ足を運んでください」と話している。

 9日に開園した田辺市上芳養の紀州石神田辺梅林は咲き始め。11日は午前11時から「梅花祭」が開かれ、午後2時から餅投げがある。

関連記事

奄美の黒糖焼酎も好評 東京で「かごしま食の大交流会」

 鹿児島県の特産品と観光の魅力をアピールする「かごしま食の大交流会inTOKYО」が1月31日、東京都内のホテルであった。日本一の評価を受けた鹿児島黒牛とともに、2020年の世界自然遺産登録を目指...

突き出すキノコ氷 上士幌の糠平湖

 氷を載せた切り株が並ぶ、上士幌町糠平湖の冬の風物詩「キノコ氷」が今年もお目見えした。厳しい自然環境が生み出す氷の造形が、釣り人や観光客らの目を楽しませている。  糠平湖は1955年、原生林を...

長野日報社

今季出現「厳しそう」 諏訪湖の御神渡り

 諏訪湖を覆った氷がせり上がる「御神渡り」の判定と神事を担う八剱神社(諏訪市小和田)の関係者は30日朝、氷の状況を確認した。宮坂清宮司(68)は「今の状況だと(今季の)全面結氷は厳しい」と語り、2...

極寒の輝き 豊頃ジュエリーアイス

 大津海岸に真冬に打ち上がる氷塊「ジュエリーアイス」が今季もお目見えし、大勢の観光客の目を楽しませている。  今季は暖冬傾向などで氷塊を目にするのは難しい状況が続いていた。関係者によると29日...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク