全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

好天に漂う梅の香り 南部梅林

家族連れでにぎわう南部梅林(10日、みなべ町晩稲で)

 天候に恵まれた3連休中日の10日、和歌山県みなべ町晩稲の南部梅林は多くの家族連れらでにぎわった。花は五分咲きで、ばらつきがあるが、満開に近い木もある。次の週末に見頃を迎えそうだ。
 世界農業遺産「みなべ・田辺の梅システム」の認定地で、約200ヘクタールに約9万本の梅が栽培されている。2日に開園した。
 運営する「梅の里観梅協会」(片山清範会長)によると、10日は午前中から多くの人が訪れた。開花状況は暖冬の影響で満開に近い木もあるが、まだ少ししか咲いていない木もある。梅林内の梅公園にある観賞用の花梅は見頃を迎えている。
 神戸市から夫と小学生の娘と訪れた医療事務の森彩果さん(29)は「3年前に初めて来た時に梅の花がきれいだったので、今年も家族で観賞したいなと思って足を運んだ。今日は天候も良く、花もきれい。帰りにお土産を買うのも楽しみ」と話した。
 南部梅林では3月3日までの期間中、土日曜と祝日にさまざまなイベントが開かれる。11日には午前10時~午後4時、梅料理や梅酒が味わえ、梅ジュース作り体験などができる「みなべ味わい祭り」や体を動かす「梅林エクササイズ」がある。イベントの詳細は「梅の里観梅協会」のフェイスブックページで発信している。
 片山会長(41)は「梅がようやく咲きそろってきて、お客さんも増えてきたので、今日から本格的にスタートという気持ち。土日曜や祝日にさまざまなイベントを企画しているので、ぜひ足を運んでください」と話している。

 9日に開園した田辺市上芳養の紀州石神田辺梅林は咲き始め。11日は午前11時から「梅花祭」が開かれ、午後2時から餅投げがある。

関連記事

画面越し十勝ツアー 自粛で減収 補てん策 産品送り気分演出

 新型コロナウイルスの影響が長引く中、十勝管内の観光・運輸業者の一部に、オンライン上で観光や農作業を楽しむ疑似ツアーを開催する動きが出ている。夏場から収穫の秋にかけて十勝は、本来なら観光の稼ぎ時だ...

紀伊民報社

ごまさんスカイタワーが新メニュー

 和歌山県田辺市龍神村の高野龍神スカイライン沿いにある道の駅「田辺市龍神ごまさんスカイタワー」は、ケーキやハンバーガーを独自に開発して利用客にPRしている。  展望レストランのスタッフが、新型...

豊橋のハウス栽培「次郎柿」収穫出荷

 豊橋市石巻地区で、温室栽培した次郎柿の収穫が始まった。今年も甘みたっぷりで、シャキシャキとした歯ごたえが味わえるという。  市内では露地栽培ものより早い収穫と出荷をするために、1980年か...

「狩勝電鉄」が試運転 りくべつ鉄道で 増田さん自作

 旧ふるさと銀河線の気動車や線路を活用した観光施設「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」で3日、新得町の狩勝高原エコトロッコ鉄道で8日に運行を開始する手作りトロッコ電車「狩勝電鉄」の車両が試運転を行っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク