全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

和紙作る作業体験 自分たちの卒業証書に

奥野誠さん(左)の指導で紙をすく児童=7日、田辺市龍神村安井で

 和歌山県田辺市龍神村東、上山路小学校の6年生12人が7日、自分たちの卒業証書を手すきの和紙で作る作業を体験した。
 龍神村では、かつて盛んに山路紙と呼ばれる和紙が生産されていた。戦後途絶えていたが、造形作家の奥野誠さん(66)=龍神村東=が復活させた。同校の6年生は毎年、奥野さんから山路紙を使った卒業証書作りの指導を受けている。
 紙すきだけではなく、原料のコウゾの収穫や皮むき、天日と水にさらす作業など紙作りの一連の工程を体験している。コウゾは校内にある学習畑で栽培しているものも使った。他に、山路紙の歴史や日本や世界の森林の環境問題などについて、奥野さんの妻佳世さん(67)から話を聞いて学習を深めている。
 この日、龍神村安井にある「山路紙紙漉(す)き工房」では、児童が1人ずつ紙すきを体験。紙を丁寧にすいて、草木染の校章を入れて1人2枚を仕上げた。
 﨑山真佳さん(12)は「コウゾから紙ができると聞いた時は、本当に作ることができるのかなと思ったが、できたのを見て感動した。紙をすく作業は思ったより難しかったけれど、卒業証書は大切に持っておきたい」と話した。
 紙をすいて卒業証書を作る体験は、上山路小学校の前身の東小学校で1992年に始まった。本年度の卒業式は3月20日にあり、卒業生が自作の卒業証書を受け取る。

関連記事

馬車BAR 夜の街 蹄の音に酔う 本運行を開始 帯広

 夜の帯広市内中心部を周遊する「馬車BAR」の本運行が、22日午後6時にスタートした。乗客は「パッカ、パッカ」という馬の蹄(ひづめ)の音を聞きながら、ビール片手に街の風景を楽しんだ。  十勝...

ミャークフツで思いはせ 歌や踊り、方言話で宮古一色 八重山在宮古郷友会

 第4回ユガイナミャークフツ(愉快な宮古方言)の夕べ(八重山在宮古郷友会主催)が21日夜、石垣市内のホテルで開催され、多くの郷友らが歌や踊り、方言話を通してルーツに思いをはせた。  宮古出身者と...

長野日報社

諏訪湖の竜宮丸 来年引退で27日から感謝イベント

亀の形で親しまれた諏訪湖の遊覧船「竜宮丸」(定員150人、77トン)が老朽化のため来年3月末で引退するのに伴い、運航事業者の諏訪湖観光汽船(諏訪市)は27日から感謝イベントを市湖岸通りの紅やマ...

田原に親子交流館

 渥美半島の玄関口、渥美線三河田原駅前の新たな交流拠点「LaLaGran(ララグラン)」で22日、親子交流館「すくっと」がオープンした。遊びや活動ができ、子育てに関する公共サービスを提供する場で、田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク