全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

和紙作る作業体験 自分たちの卒業証書に

奥野誠さん(左)の指導で紙をすく児童=7日、田辺市龍神村安井で

 和歌山県田辺市龍神村東、上山路小学校の6年生12人が7日、自分たちの卒業証書を手すきの和紙で作る作業を体験した。
 龍神村では、かつて盛んに山路紙と呼ばれる和紙が生産されていた。戦後途絶えていたが、造形作家の奥野誠さん(66)=龍神村東=が復活させた。同校の6年生は毎年、奥野さんから山路紙を使った卒業証書作りの指導を受けている。
 紙すきだけではなく、原料のコウゾの収穫や皮むき、天日と水にさらす作業など紙作りの一連の工程を体験している。コウゾは校内にある学習畑で栽培しているものも使った。他に、山路紙の歴史や日本や世界の森林の環境問題などについて、奥野さんの妻佳世さん(67)から話を聞いて学習を深めている。
 この日、龍神村安井にある「山路紙紙漉(す)き工房」では、児童が1人ずつ紙すきを体験。紙を丁寧にすいて、草木染の校章を入れて1人2枚を仕上げた。
 﨑山真佳さん(12)は「コウゾから紙ができると聞いた時は、本当に作ることができるのかなと思ったが、できたのを見て感動した。紙をすく作業は思ったより難しかったけれど、卒業証書は大切に持っておきたい」と話した。
 紙をすいて卒業証書を作る体験は、上山路小学校の前身の東小学校で1992年に始まった。本年度の卒業式は3月20日にあり、卒業生が自作の卒業証書を受け取る。

関連記事

みかわでたべよう!ご当地グルメラリー

蒲郡、岡崎、西尾の3市で開催  蒲郡、岡崎、西尾の3市の商工会議所などは、各市のご当地グルメを食べて行う「みかわでたべよう!ご当地グルメラリー」を行っている。各市から13店舗ずつ参加し、エリ...

紀伊民報社

田辺市街地巡るクイズラリー

 田辺市街地を巡るクイズラリーが18日、闘雞神社(和歌山県田辺市東陽)を出発点にあった。約100人の子どもや保護者らが、クイズを楽しみながら歴史に触れた。  世界遺産闘雞神社創建千六百年記念事業...

荘内日報社

鶴岡「赤川花火大会」県内外から大勢の観客楽しむ

 第29回赤川花火大会が17日、鶴岡市の赤川河川敷で行われた。全国トップクラスの花火師たちによる約1万2000発の花火が打ち上げられた。今年も県内外から大勢の観客が訪れ、会場は満席となる盛況。カウントダウン...

音更・厚内⇔帯広 「国鉄仕様」で貸し切り列車

 私設鉄道博物館「十勝晴(とかちばれ)駅」(音更町柳町南区12)を運営する穂積規さん(59)が同駅の開業5周年を記念し、25日にJR根室線帯広-厚内(浦幌)間で1往復の貸し切り列車「十勝晴号」を運...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク