全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

春呼ぶ 稚アユ漁 県内トップ切り水揚げ

海産稚アユをトラックの水槽に移し替える組合員ら(8日、田辺市新庄町で)

 田辺湾に春を告げる海産稚アユ漁が始まった。8日、県内のトップを切って和歌山県田辺市新庄町の新庄漁協で初出荷があった。約820キロが水揚げされ、漁協関係者は「昨年より少ないが、まずまずの水揚げ」と今後に期待している。

 県資源管理課によると、今年の目標量は3トン。期間は2月1日~4月30日。54団体に許可を出している。目標量に達すると、漁を早く打ち切る。ここ数年は2016年の2・2トンを除いて毎年3トンほどを水揚げしている。
 新庄漁協では、6日夕方に採捕した稚アユを新庄町鳥ノ巣で蓄養。8日に組合員ら約20人が小割(こわり)と呼ばれる捕獲網から、稚アユを傷つけないように丁寧にすくい取り、バケツリレーで水揚げ。重さを量ってトラックの水槽に移し替えた。
 大きさの平均は全長約6センチ、重さ約0・7グラム。この時季としては大きく、いろいろなサイズが交ざっている。
 県内水面試験地(紀の川市)では、今シーズンは昨年10月から少雨が続いて仔魚の流下が心配されたが、9月の台風に刺激されて早い時季に海に下ったものが生き残った可能性が高いとみている。
 水揚げされた稚アユは、大半が河川放流用として県内水面漁連(紀の川市)などで飼育される。

関連記事

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

宇部日報社

厚狭秋まつりで披露されている古式行事を体験する会

 山陽小野田市の無形民俗文化財で、厚狭秋まつり(11月)で披露されている古式行事を体験する会が25日、厚狭地区複合施設体育館で開かれた。厚狭小の放課後子ども教室の1~6年生24人が参加。独特の踊...

長野日報社

養蚕 高品質な繭へ「上蔟」作業 長野県岡谷市

養蚕や桑栽培に取り組む長野県岡谷市川岸上の三沢区民農園は27日、飼育してきた春蚕4万頭の上蔟を同農園の蚕室で行った。十分に成熟して繭糸を吐き出すタイミングになった蚕を、繭を作らせるための蔟に移...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク