全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

春呼ぶ 稚アユ漁 県内トップ切り水揚げ

海産稚アユをトラックの水槽に移し替える組合員ら(8日、田辺市新庄町で)

 田辺湾に春を告げる海産稚アユ漁が始まった。8日、県内のトップを切って和歌山県田辺市新庄町の新庄漁協で初出荷があった。約820キロが水揚げされ、漁協関係者は「昨年より少ないが、まずまずの水揚げ」と今後に期待している。

 県資源管理課によると、今年の目標量は3トン。期間は2月1日~4月30日。54団体に許可を出している。目標量に達すると、漁を早く打ち切る。ここ数年は2016年の2・2トンを除いて毎年3トンほどを水揚げしている。
 新庄漁協では、6日夕方に採捕した稚アユを新庄町鳥ノ巣で蓄養。8日に組合員ら約20人が小割(こわり)と呼ばれる捕獲網から、稚アユを傷つけないように丁寧にすくい取り、バケツリレーで水揚げ。重さを量ってトラックの水槽に移し替えた。
 大きさの平均は全長約6センチ、重さ約0・7グラム。この時季としては大きく、いろいろなサイズが交ざっている。
 県内水面試験地(紀の川市)では、今シーズンは昨年10月から少雨が続いて仔魚の流下が心配されたが、9月の台風に刺激されて早い時季に海に下ったものが生き残った可能性が高いとみている。
 水揚げされた稚アユは、大半が河川放流用として県内水面漁連(紀の川市)などで飼育される。

関連記事

豊橋市民病院の手術センター棟が完成

 豊橋市民病院で21日、手術センター棟の完工式が開かれた。外科手術とカテーテル治療が同時にできる「ハイブリッド手術室」と、内視鏡手術室の計3室を増設、より高度で安全な医療ができるようになった。緊急手...

紀伊民報社

「木」主題に本を展示 「木育キャラバン」にちなみ

 和歌山県田辺市新庄町のビッグ・ユー内にある県立紀南図書館は館内入り口近くで、「木」を主題に自然に関する本を集めた展示をしている。23、24日にビッグ・ユーで開かれる催し「木育キャラバン」(実行...

荘内日報社

荘内病院へ医師派遣支援

 山形大医学部や関連病院会、県医師会などで構成する蔵王協議会(会長・嘉山孝正山形大医学部参与)は20日、鶴岡市立荘内病院(三科武院長)の要望に応え、同病院の呼吸器内科、循環器内科の2科へ医師を派遣する...

宇部日報社

米の高校生4人、小野田工高で柔道交流

 米国ワシントン州ケント市の高校生4人が、18~20日の日程で山陽小野田市の小野田工高を訪れ、授業や柔道練習で交流を深めた。生徒たちは再会を誓い合っていた。  全国高等学校体育連盟柔道専門部が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク