全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山口県美展大賞に山口市のピビリさん

大賞に輝いたピビリさんと受賞作(県立美術館で)

 第72回県美術展覧会の大賞に山口市在住のイタリア人画家、ロベルト・ピビリさん(58)のインスタレーション「椹野川沿いのイノシシの行進」が輝いた。県立美術館が7日、審査結果を発表した。入賞・入選作品114点は、14日から3月3日まで山口市亀山町の同館で展示される。  応募297点の頂点に立ったピビリさんの作品は、囲碁の対局者を突然失ったかに見える畳の間と、雪の中を進むイノシシの親子をふすま絵風に描いた壁を組み合わせた和風の空間アート。碁盤を挟んで2枚の座布団が整然と置かれた4枚の畳の上には白と黒の碁石を散らしている。  ピビリさんによると、今年のえとでもあるイノシシは力強さ、畳の間は戦いの場やビッグバーンを表しており、「イタリアの手法で、日本の様式や雰囲気を取り入れながら、愛する日本や山口を描いた」という。アクリル絵の具や墨汁、パラフィンを画材としたイノシシの絵には、大好きな場所だという新鰐石橋交差点付近の風景を描き込んでいる。  ピビリさんは2016年9月に、兵庫県出身の料理研究家で妻の粉川妙さん(市の地域おこし協力隊員)とともに来市。同展への出展は2回目で、前回展でも入選している。  このほか、山口市の田中真理子さん(23)が最年少入賞を果たすなど山口、宇部両市の6人が佳作入賞、山陽小野田市を含めた3市から25人の29点が入選した。  表彰式は展示会初日の午前10時から同館で行われる。開館時間は午前9時~午後5時。18日と25日は休館。観覧料は一般500円、学生400円。70歳以上と18歳以下無料。  会期に合わせて、同館(同展)を中心に、一の坂川から中心商店街にかけての中心市街地で、県総合文化祭HEART(ハート)2018と題したアートイベントが展開される。

関連記事

馬車BAR 夜の街 蹄の音に酔う 本運行を開始 帯広

 夜の帯広市内中心部を周遊する「馬車BAR」の本運行が、22日午後6時にスタートした。乗客は「パッカ、パッカ」という馬の蹄(ひづめ)の音を聞きながら、ビール片手に街の風景を楽しんだ。  十勝...

ミャークフツで思いはせ 歌や踊り、方言話で宮古一色 八重山在宮古郷友会

 第4回ユガイナミャークフツ(愉快な宮古方言)の夕べ(八重山在宮古郷友会主催)が21日夜、石垣市内のホテルで開催され、多くの郷友らが歌や踊り、方言話を通してルーツに思いをはせた。  宮古出身者と...

長野日報社

諏訪湖の竜宮丸 来年引退で27日から感謝イベント

亀の形で親しまれた諏訪湖の遊覧船「竜宮丸」(定員150人、77トン)が老朽化のため来年3月末で引退するのに伴い、運航事業者の諏訪湖観光汽船(諏訪市)は27日から感謝イベントを市湖岸通りの紅やマ...

田原に親子交流館

 渥美半島の玄関口、渥美線三河田原駅前の新たな交流拠点「LaLaGran(ララグラン)」で22日、親子交流館「すくっと」がオープンした。遊びや活動ができ、子育てに関する公共サービスを提供する場で、田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク