全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

軽トラに「小さな家」 キャンピングカー自作

丸山さん自作の軽トラキャンピングカーと室内の様子

 茅野市金沢の丸山時彦さん(70)が、軽トラックの荷台を居住スペースにしたオリジナルのキャンピングカーを自作した。高価なキットは用いず、ホームセンターで購入した材料を加工して組み立てた”オールハンドメード”。遠出はまだだというが「いつかは四国八十八カ所巡りもしたい」と胸を膨らませている。

 丸山さんは、ものづくりが趣味だといい、自宅敷地内には、単管パイプを組んだ六角屋根のバーベキュー小屋や、木製の古電柱を仕入れて建てたログハウスもある。

 軽トラキャンピングカーは、テレビやネットなどで知っていて、旅行先で気楽に寝泊まりできることはもとより、小回りが効き、狭い場所にも入っていけることに魅力を感じた。所有する農作業用軽トラに目を付け、昨年暮れまでに、5カ月掛けてほぼ完成させた。

 荷台に取り付けた”小さな家”は全長約3メートル、幅1・4メートル、地面からの高さは2・5メートル。あくまで荷物扱いとなるため、許可される範囲で作った。内部は1ルームだが、ソファ兼ベッドが2組とシンク、コンロ、換気扇、照明、暖房器具、バッテリーも装備。居住スペースは必要に応じて脱着でき、トラックは農作業用にも使える。費用は約23万円だったという。

 丸山さんは「思ったより広くて居心地がいい。本を見たりして楽しく作れた。興味のある人は見に来て」と話している。

関連記事

「クルーズ船に乗ろう」 シンポ開催、魅力語る 日本観光振興協、市主催

 宮古島クルーズシンポジウム(主催・日本観光振興協会、市)が20日、マティダ市民劇場で開催された。会場には市民らが多数集まり、基調講演やパネルディスカッションに耳を傾け、クルーズ船の魅力と課題につい...

長野日報社

待ち望んだ中ア絶景 駒ケ岳ロープウェイ運行再開 長野県駒ケ根市

 アクセス道路が土砂崩れで通行止めとなった影響で運休していた、中央アルプス駒ケ岳ロープウェイの運行が20日に再開され、中アに本格的な夏山シーズンが到来した。待ち望んだ観光客や登山者らが次々にゴン...

「豊橋祇園祭」が開幕 350本の手筒花火披露

 豊橋市関屋町の吉田神社で19日、夏の一大風物詩「豊橋祇園祭」が開幕した。午後6時半から、8町の氏子らによる奉納手筒花火の神前放陽が披露され、境内は大勢の見物客でにぎわった。  吉田神社は手筒花火...

23年度観光収入911億円 今年度で計画目標達成へ 市観光推進協

 宮古島市観光推進協議会(会長・吉井良介宮古島観光協会長)の2024年度第1回会合が16日、市役所で開かれた。第2次観光振興基本計画の進捗(しんちょく)では、23年度観光収入は約131億円増の91...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク