全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

金属加工などものづくり 酒田光陵高で酒一中1年生

 酒田市の酒田光陵高校(鈴木和仁校長)で6日、近くの酒田第一中学校(松本克則校長)の1年生を招いたものづくり連携事業が行われ、中学生たちが光陵高の先生や生徒の指導で、ドアチャイムやラジオなどものづくりに挑戦した。

 この事業は、昨年12月に95歳で死去した同市名誉市民・中村恒也氏の寄付に基づき、同市が実施している中村ものづくり事業の一環。昨年度までは松陵小学校の児童が光陵高を訪れてものづくりを体験するメニューだったが、本年度は小・中・高校と連続した取り組みでものづくりへの関心を一層高めようと、松陵小6年と酒田一中1年の双方を招くことになった。

 この日はその初日で、酒田一中1年生の2学級52人が訪問。5グループに分かれ、それぞれドアチャイム作り(光陵高の担当・工業科機械科)、フルカラーLED(発光ダイオード)による光の三原色の学習(電子機械科)、マイコンを使ったラジオ製作(エネルギー技術科)、無機EL製作(環境技術科)、コンピューターゲーム作り(情報科)に挑戦した。

 このうちドアチャイム作りには女子8人が参加。光陵高の先生の指導で、真ちゅうのパイプを切ったり、ドリルで穴を開けたりした。また、真ちゅうの板にフライス盤で光陵高の校章を彫る工程では、全自動で文字が彫られていく様子に、中学生たちは「すごい」と目を見張った。

ドアチャイム作りで真ちゅうのパイプを切る酒田一中の生徒(左)

 金子瑞季さん(13)は「自分で希望してこのメニューを選んだ。普段は見掛けない道具でオリジナルのものを作れるのが楽しい。金属加工に興味が湧いた」と話した。

 12日には酒田一中1年生のもう2学級の50人、13、14日の2日間は松陵小6年生の2学級55人が訪れ、ものづくりを体験する。

関連記事

長野日報社

山間地の救助活動 諏訪広域消防本部が訓練

諏訪広域消防本部特別救助隊は17~19日、山間地での救助活動訓練を岡谷市郊外の鳥居平やまびこ公園で行っている。昨年、県内で発生した山岳遭難は297件で全国最多だったことから、山岳地帯での事故に...

豊川もりあげ隊が明石で田植え

 豊川市のNPO法人「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」はこのほど、11月23、24両日にご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin明石」が開催される兵庫県明石市で田植えを行った。米は...

紀伊民報社

300人がタイム競う 田辺で遠泳大会

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で16日、遠泳大会「第6回南紀田辺・扇ケ浜オープンウオータースイミング」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)があった。約300人が参加した。  しかし、高波の影響...

荘内日報社

DC本番 オール山形でおもてなし

 新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)推進協議会県推進部会(部会長・皆川治鶴岡市長)の本年度総会が17日、鶴岡市のグランドエル・サンで開かれた。昨年度に展開したJR東日本大型観光...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク