全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

勇壮「下り竜」出現 春告げる御燈祭り

燃え盛るたいまつを持って駆け下る男たち(6日、新宮市で)=長時間露光

 世界遺産に登録されている和歌山県新宮市の熊野速玉大社の摂社・神倉神社で6日夜、熊野地方に春の訪れを告げる伝統の火祭り「御燈(おとう)祭り」が営まれ、燃え盛るたいまつを持った白装束の男衆の集団が神倉山の急な石段を駆け下った。
 国の重要無形民俗文化財に指定されている神事。
 辺りが暗闇に包まれる中、神倉神社のご神体である巨岩「ゴトビキ岩」周辺に約1700人の男衆が集合。手に持ったたいまつに御神火が次々とともされると辺り一面は赤々と照らし出され、熱気に包まれた。
 午後8時ごろに神門が開けられると、男衆は雄たけびを上げながら勢いよく飛び出し、538段ある石段を一気に駆け下り、新宮節で「山は火の滝、下り竜」とうたわれる情景をつくり出した。

関連記事

みかわでたべよう!ご当地グルメラリー

蒲郡、岡崎、西尾の3市で開催  蒲郡、岡崎、西尾の3市の商工会議所などは、各市のご当地グルメを食べて行う「みかわでたべよう!ご当地グルメラリー」を行っている。各市から13店舗ずつ参加し、エリ...

紀伊民報社

田辺市街地巡るクイズラリー

 田辺市街地を巡るクイズラリーが18日、闘雞神社(和歌山県田辺市東陽)を出発点にあった。約100人の子どもや保護者らが、クイズを楽しみながら歴史に触れた。  世界遺産闘雞神社創建千六百年記念事業...

荘内日報社

鶴岡「赤川花火大会」県内外から大勢の観客楽しむ

 第29回赤川花火大会が17日、鶴岡市の赤川河川敷で行われた。全国トップクラスの花火師たちによる約1万2000発の花火が打ち上げられた。今年も県内外から大勢の観客が訪れ、会場は満席となる盛況。カウントダウン...

音更・厚内⇔帯広 「国鉄仕様」で貸し切り列車

 私設鉄道博物館「十勝晴(とかちばれ)駅」(音更町柳町南区12)を運営する穂積規さん(59)が同駅の開業5周年を記念し、25日にJR根室線帯広-厚内(浦幌)間で1往復の貸し切り列車「十勝晴号」を運...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク