全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

勇壮「下り竜」出現 春告げる御燈祭り

燃え盛るたいまつを持って駆け下る男たち(6日、新宮市で)=長時間露光

 世界遺産に登録されている和歌山県新宮市の熊野速玉大社の摂社・神倉神社で6日夜、熊野地方に春の訪れを告げる伝統の火祭り「御燈(おとう)祭り」が営まれ、燃え盛るたいまつを持った白装束の男衆の集団が神倉山の急な石段を駆け下った。
 国の重要無形民俗文化財に指定されている神事。
 辺りが暗闇に包まれる中、神倉神社のご神体である巨岩「ゴトビキ岩」周辺に約1700人の男衆が集合。手に持ったたいまつに御神火が次々とともされると辺り一面は赤々と照らし出され、熱気に包まれた。
 午後8時ごろに神門が開けられると、男衆は雄たけびを上げながら勢いよく飛び出し、538段ある石段を一気に駆け下り、新宮節で「山は火の滝、下り竜」とうたわれる情景をつくり出した。

関連記事

馬車BAR 夜の街 蹄の音に酔う 本運行を開始 帯広

 夜の帯広市内中心部を周遊する「馬車BAR」の本運行が、22日午後6時にスタートした。乗客は「パッカ、パッカ」という馬の蹄(ひづめ)の音を聞きながら、ビール片手に街の風景を楽しんだ。  十勝...

ミャークフツで思いはせ 歌や踊り、方言話で宮古一色 八重山在宮古郷友会

 第4回ユガイナミャークフツ(愉快な宮古方言)の夕べ(八重山在宮古郷友会主催)が21日夜、石垣市内のホテルで開催され、多くの郷友らが歌や踊り、方言話を通してルーツに思いをはせた。  宮古出身者と...

長野日報社

諏訪湖の竜宮丸 来年引退で27日から感謝イベント

亀の形で親しまれた諏訪湖の遊覧船「竜宮丸」(定員150人、77トン)が老朽化のため来年3月末で引退するのに伴い、運航事業者の諏訪湖観光汽船(諏訪市)は27日から感謝イベントを市湖岸通りの紅やマ...

田原に親子交流館

 渥美半島の玄関口、渥美線三河田原駅前の新たな交流拠点「LaLaGran(ララグラン)」で22日、親子交流館「すくっと」がオープンした。遊びや活動ができ、子育てに関する公共サービスを提供する場で、田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク