全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

勇壮「下り竜」出現 春告げる御燈祭り

燃え盛るたいまつを持って駆け下る男たち(6日、新宮市で)=長時間露光

 世界遺産に登録されている和歌山県新宮市の熊野速玉大社の摂社・神倉神社で6日夜、熊野地方に春の訪れを告げる伝統の火祭り「御燈(おとう)祭り」が営まれ、燃え盛るたいまつを持った白装束の男衆の集団が神倉山の急な石段を駆け下った。
 国の重要無形民俗文化財に指定されている神事。
 辺りが暗闇に包まれる中、神倉神社のご神体である巨岩「ゴトビキ岩」周辺に約1700人の男衆が集合。手に持ったたいまつに御神火が次々とともされると辺り一面は赤々と照らし出され、熱気に包まれた。
 午後8時ごろに神門が開けられると、男衆は雄たけびを上げながら勢いよく飛び出し、538段ある石段を一気に駆け下り、新宮節で「山は火の滝、下り竜」とうたわれる情景をつくり出した。

関連記事

豊橋市民病院の手術センター棟が完成

 豊橋市民病院で21日、手術センター棟の完工式が開かれた。外科手術とカテーテル治療が同時にできる「ハイブリッド手術室」と、内視鏡手術室の計3室を増設、より高度で安全な医療ができるようになった。緊急手...

紀伊民報社

「木」主題に本を展示 「木育キャラバン」にちなみ

 和歌山県田辺市新庄町のビッグ・ユー内にある県立紀南図書館は館内入り口近くで、「木」を主題に自然に関する本を集めた展示をしている。23、24日にビッグ・ユーで開かれる催し「木育キャラバン」(実行...

荘内日報社

荘内病院へ医師派遣支援

 山形大医学部や関連病院会、県医師会などで構成する蔵王協議会(会長・嘉山孝正山形大医学部参与)は20日、鶴岡市立荘内病院(三科武院長)の要望に応え、同病院の呼吸器内科、循環器内科の2科へ医師を派遣する...

宇部日報社

米の高校生4人、小野田工高で柔道交流

 米国ワシントン州ケント市の高校生4人が、18~20日の日程で山陽小野田市の小野田工高を訪れ、授業や柔道練習で交流を深めた。生徒たちは再会を誓い合っていた。  全国高等学校体育連盟柔道専門部が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク