全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

宇部産の花の消費拡大、市役所で販売

宇部産の花束を買い求める来庁者(市役所で)

 フラワーバレンタインを推奨し、山口県宇部産の花の消費拡大を図ろうと、市役所で6日、花束の販売が行われた。市では、ガーデンシティうべ構想のキックオフイベントに位置付け。14日にも同様のコーナーを設け、花を贈り、飾る文化の醸成を図る。  県中央生花商組合宇部買参人、県中央花卉園芸組合宇部生産者、県中央花市場が主催。市内で主に生産されたバラ、ガーベラ、スイートピー、チューリップ、カスミソウなどを市内の生花店が花束にして市に引き渡し、市が販売を担当した。  価格帯は300~2500円。初日は70束が並び、来庁者が「かわいいね」「どれにしよう」などと言いながら、品定めしていた。14日は正午から午後5時半まで、市役所1階ロビーにコーナーを開設。220束程度を用意する。同日、婚姻届か出生届を出した人には、切り花をプレゼントする。  市では、昨年11月に同構想を策定。公害を克服し、工業都市として発展を遂げる過程で取り組んできた「緑と花と彫刻のまちづくり」を継承し、持続的に発展していくための新ステージとして、市街地の整備に合わせた花の回廊づくり、市民・企業と一体となった花づくりや緑化運動、産業化の促進などにより、魅力ある都市空間の形成を目指している。  ガーデンシティ推進グループの馬場葉子グループリーダーは「気軽に花を買う文化を醸成したい。この機会に、宇部産の花の魅力を知ってもらえれば」と呼び掛けた。

関連記事

みかわでたべよう!ご当地グルメラリー

蒲郡、岡崎、西尾の3市で開催  蒲郡、岡崎、西尾の3市の商工会議所などは、各市のご当地グルメを食べて行う「みかわでたべよう!ご当地グルメラリー」を行っている。各市から13店舗ずつ参加し、エリ...

紀伊民報社

田辺市街地巡るクイズラリー

 田辺市街地を巡るクイズラリーが18日、闘雞神社(和歌山県田辺市東陽)を出発点にあった。約100人の子どもや保護者らが、クイズを楽しみながら歴史に触れた。  世界遺産闘雞神社創建千六百年記念事業...

荘内日報社

鶴岡「赤川花火大会」県内外から大勢の観客楽しむ

 第29回赤川花火大会が17日、鶴岡市の赤川河川敷で行われた。全国トップクラスの花火師たちによる約1万2000発の花火が打ち上げられた。今年も県内外から大勢の観客が訪れ、会場は満席となる盛況。カウントダウン...

音更・厚内⇔帯広 「国鉄仕様」で貸し切り列車

 私設鉄道博物館「十勝晴(とかちばれ)駅」(音更町柳町南区12)を運営する穂積規さん(59)が同駅の開業5周年を記念し、25日にJR根室線帯広-厚内(浦幌)間で1往復の貸し切り列車「十勝晴号」を運...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク