全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

宇部産の花の消費拡大、市役所で販売

宇部産の花束を買い求める来庁者(市役所で)

 フラワーバレンタインを推奨し、山口県宇部産の花の消費拡大を図ろうと、市役所で6日、花束の販売が行われた。市では、ガーデンシティうべ構想のキックオフイベントに位置付け。14日にも同様のコーナーを設け、花を贈り、飾る文化の醸成を図る。  県中央生花商組合宇部買参人、県中央花卉園芸組合宇部生産者、県中央花市場が主催。市内で主に生産されたバラ、ガーベラ、スイートピー、チューリップ、カスミソウなどを市内の生花店が花束にして市に引き渡し、市が販売を担当した。  価格帯は300~2500円。初日は70束が並び、来庁者が「かわいいね」「どれにしよう」などと言いながら、品定めしていた。14日は正午から午後5時半まで、市役所1階ロビーにコーナーを開設。220束程度を用意する。同日、婚姻届か出生届を出した人には、切り花をプレゼントする。  市では、昨年11月に同構想を策定。公害を克服し、工業都市として発展を遂げる過程で取り組んできた「緑と花と彫刻のまちづくり」を継承し、持続的に発展していくための新ステージとして、市街地の整備に合わせた花の回廊づくり、市民・企業と一体となった花づくりや緑化運動、産業化の促進などにより、魅力ある都市空間の形成を目指している。  ガーデンシティ推進グループの馬場葉子グループリーダーは「気軽に花を買う文化を醸成したい。この機会に、宇部産の花の魅力を知ってもらえれば」と呼び掛けた。

関連記事

紀伊民報社

2回目支援で能登へ 梅の郷救助隊

 和歌山県みなべ町の民間災害ボランティア団体「紀州梅の郷救助隊」(尾﨑剛通隊長)のメンバーや町議会議員が29日、能登半島地震の被災地支援に向けて出発した。能登の被災地での救助隊の活動は2回目。今...

帯広農高生が育てた小豆でどら焼き 同窓会が卒業記念に贈呈

 農業高校ならではの思い出の品を-。1日卒業の帯広農業高校(佐藤裕二校長、生徒567人)の3年生185人に2月29日、同窓会の勝農会(中村健一会長)が記念品として、生徒が生産した小豆を使用した「ど...

荘内日報社

元気に帰ってきてね 西荒瀬小日向川へ サケの稚魚放流

 元気でね―。酒田市の西荒瀬小学校(白田克幸校長、児童121人)の全校児童が29日、昨年10月からこれまで大切に育ててきたサケの稚魚約6500匹を学校近くを流れる日向川に放流。児童たちはその姿が見えなくなるま...

宇部日報社

市内高校で卒業式、宇部中央で129人が巣立つ 最初で最後の校歌斉唱【宇部】

 宇部市と山陽小野田市の公・私立高校11校で1日、卒業式が行われた。会場には恩師や保護者からの「おめでとう」があふれ、生徒たちは希望を胸に晴れやかな表情で学びやを巣立った。  宇部中央(河村...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク