全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

平久保小70周年・ひらくぼ幼45周年 10日に記念式典 記念誌「ひらくぼ」発刊

 10日の平久保小学校創立70周年とひらくぼ幼稚園開園45周年記念式典を前に、記念誌委員会(河上眞一委員長、委員8人)はこのほど、記念誌「ひらくぼ」を発刊した。当日出席者に配布される。  同校の座間味玲子校長によると、一時期は計画移民の入植で300人近くの児童生徒が在籍していたが、現在は児童5人、園児2人の過小規模校に至っている。節目を迎えるにあたり、記録を残して校区内の地域住民や卒業生、関係者らで学校の歩みを共有しようと昨年6月、同委員会を発足。計9回開催し、記念誌を完成させた。

 記念誌では各期卒業生や地域住民、保護者、元教職員ら約50人の寄稿をはじめ、園児・児童の作品、平久保地域の人口や児童数の推移、産業や史跡、自然なども紹介。

 委員で同校卒業生の大浜伸代さんと新本陽子さんを中心に、校歌ダンスの踊り方を図案化し、文章とともに分かりやすく解説したページも。校歌と園歌のほか、学習発表会で児童が披露した三線演奏や歌声を収録したCDも付けている。

 河上委員長は「子どもたちのページを充実させることを第一に取り組んだ。学校や地域の歴史が手に取るように分かる。いいものができた」、記念事業期成会の川田文夫会長は「100点満点以上の素晴らしい記念誌ができた。当日は300人ほど来る予定だが、こんなことはめったにない。共に喜んでもらいたい」と自信をのぞかせた。

 座間味校長は「万感の思い。ぜひ卒業生の方は記念誌を手に取って、自分たちの育った足跡を確認していただけたら」と述べた。当日の参加は対応ができないため、同校では「式典参加希望者は前日までに必ず学校に連絡してほしい」と呼び掛けている。

関連記事

盲導犬と共に暮らす多田野さん

豊橋LCゲストスピーチ例会  盲導犬を知ってもらう啓発活動と育成資金のための募金活動をしているボランティア団体「盲導犬ゼウスの会」の代表で、盲導犬「ゼウス」と生活している多田野正子さん(54...

紀伊民報社

熊野速玉大社の「御船祭」

 和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社の例大祭「速玉祭」を締めくくる神事「御船祭」が16日に営まれ、観客の声援が飛ぶ中、大社近くの熊野川で9隻の早船による競漕(きょうそう)が繰り広げられた。 ...

荘内日報社

山形枝豆日本一産地化フォーラム

 山形枝豆日本一産地化フォーラム2019が16日、鶴岡市羽黒コミュニティセンターで開かれ、他産地の取り組みを学ぶ講演などを通じて大規模化とブランド化の両立について考えた。  日本一の枝豆産地化を目指...

むかわの秋の風物詩、シシャモのすだれ 浜風でうま味凝縮

 鵡川漁協が地域団体商標に登録し、全国的な知名度を誇る「鵡川ししゃも」のすだれ干しがむかわ町の加工各店でお目見えしている。今月1日に漁が始まり、翌日から町内各店前にずらり。うま味の凝縮を裏付ける...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク