全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

イタリアから10人来庄酒蔵で仕込み体験

 イタリアで日本酒を扱っているレストラン経営者やソムリエが4日から6日までの日程で庄内地方を訪れ、蔵元での日本酒の仕込み作業を体験した。蒸した酒米の香りと蒸気が漂う中で、蔵人たちと酒造りした参加者の一人は「素晴らしい経験だ。日本的な儀式をしているようで神聖な気持ちになった」と喜びを表現していた。

 2015年のミラノ万博を機に、県産日本酒のイタリアへの輸出量は右肩上がりで伸びている。さらなる輸出拡大を目指し、県と山形県酒類卸株式会社、山形県国際経済振興機構が昨年に続き商談会や酒造り体験を企画。今年は庄内の蔵元に、日本酒ソムリエの資格を持ち酒造工程を学びたいという10人が訪れた。

 5、6の両日は渡會本店(鶴岡市)、鯉川酒造(庄内町)、麓井酒造(酒田市)の3蔵元に分かれて酒造りを体験。このうち5日は4人が鯉川酒造(佐藤一良社長)を訪れた。

 4人は蔵人たちに教えてもらいながら、酒母づくりや蒸米作業に加わった。さらしで包んだ蒸米を肩に背負って運び、櫂(かい)入れや室(むろ)での麹(こうじ)振りなどを体験したバーテンダー学校代表のアンドレア・カゾンさん(40)は「麹を振り掛け蒸米が変わる様子はまるでマジックのよう。細部まで手作りされていることにも驚いた。山形の米で造った山形の酒をイタリアで伝えていきたい」と語り、見守ったイタリアの輸入業者は「日本酒への理解を深めた彼らが、イタリアでの日本酒の裾野をさらに広げてくれるはず」と話した。

 佐藤社長によると、4人が仕込みに加わった特別純米酒など3銘柄がイタリアへ輸出される予定という。

酒母づくりで櫂を入れるイタリアからの参加者たち=5日、鯉川酒造

関連記事

荘内日報社

酒田産日本酒が初めて中国・唐山市へ

 酒田市の友好都市である中国河北省唐山市に酒田産の日本酒が初めて輸出されることになり18日、輸出記念式典が輸出元である同市黒森の酒蔵「菊勇」(佐藤剛宏社長)で行われ、関係者がさらなる県産品の輸出拡大...

紀伊民報社

小規模修繕は自前で 南紀白浜エアポート

 南紀白浜エアポートは、運営する南紀白浜空港(和歌山県白浜町)内の滑走路や外周道路の小規模な損壊はできるだけ自分たちで修繕するようにしている。業者に頼むより費用を大幅に抑えられ、緊急時でも対応で...

被災地を笑顔に 「仮設の歌姫」奥野さんが復興応援ライブ-厚真

 全国の被災地で歌を届ける活動を展開し、「仮設の歌姫」として知られる大阪府出身の歌手・奥野ひかるさんが17日、厚真町表町公園仮設住宅で胆振東部地震で被災した町民を元気づける復興応援ライブを開いた...

出光道製油所構内、緑地整備に最高位 一般開放や地域交流も評価-都市緑化機..

 苫小牧市真砂町の出光興産北海道製油所は構内の緑地整備が評価され、公益財団法人都市緑化機構(東京)から全5段階の認定制度「社会・環境貢献緑地評価システム(シージェス)」で最高位を取得した。担当者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク